大人の【肝斑】悩みに応えるスキンケア14選|2週間お試しレビュー

肝斑悩みに応える4大有効成分(トラネキサム酸・ハイドロキノン・コウジ酸・ビタミンC)入りコスメを美ST読者が2週間お試し。肝斑にNGとされる摩擦を一切起こさないプレススキンケアで、しっかり効果を実感できました。成分別におすすめの美容液&化粧水も紹介します。

1:【トラネキサム酸】肝斑といえば!の成分。メラニン抑制・抗炎症・血管新生抑制も

左から、原液だから肌に直接届く。いつものケアにプラスしても◎。トラネキサム酸[医薬部外品]10ml ¥3,300(チューンメーカーズ)、シミ研究から生まれた根本美白ケアの美容液は絶大の信頼感。トランシーノ薬用ホワイトニングエッセンスEXⅡ [医薬部外品]30g ¥4,950〈編集部調べ〉(第一三共ヘルスケア)、毛穴・くすみまでも一掃し透明感アップ。エピステーム ホワイトレーザーローション [医薬部外品]150ml ¥12,100(ロート製薬)、シリーズ累計1,720万本突破のシミ予防美白美容液。HAKU メラノフォーカスZ[医薬部外品] 45g ¥11,000(資生堂)、人気の薬用ケアシリーズから美白ラインが登場。イハダ薬用クリアローション[医薬部外品]180ml ¥1,980(資生堂薬品)
トランシーノをシリーズで朝晩2週間使用。美容液は伸びがよく保湿力抜群でした。1週間使用後に会った友人に「何かした?」と言われ変化を確信!(増山敬子さん 40歳・PR)

2:【ハイドロキノン】ピンポイントで狙い撃ち!使い方には注意が必要です

左から、なめらかなバーム状で肌に密着しピンポイントで。夜のケアに。エピステーム HQ レーザークリア 12g ¥14,300(ロート製薬)、クリニック品質で効果テキメン。ゲル状で密着。ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110 11ml ¥11,000(アンプルール)
エピステームを2週間お試し。シミができやすく頰の上のシミが気になり、初めてハイドロキノンをお試し。気になるところだけピンポイントにケアできて効果を実感しました。(石橋里果さん 50歳 主婦)

3:【コウジ酸】麴菌発酵過程で生まれた美白成分がメラニン抑制の力を発揮

左から、スティック状の集中美容液。インフィニティ アドバンスト ホワイト スティック ⅩⅩ[医薬部外品]4g ¥8,800〈編集部調べ〉(コーセー)、最先端のメラニン研究でシミを濃くさせずにみずみずしく肌に浸透。ホワイトロジスト ブライト コンセントレイト[医薬部外品]40ml ¥16,500(コスメデコルテ)、密着するクリームが狙ったところに留まり効果的にケア。デルメッド ホワイトニング スポットクリーム[医薬部外品]20g ¥5,500(三省製薬)
年齢とともにもやもやジミが気になり、デルメッドを朝晩しっかりシミに塗布すること2週間。以前よりシミが気にならなくなりトーンアップもしました。(梅村久美子さん 42歳 会社員)

4:【ビタミンC】予防にも、すでにあるシミ・肝斑にも。抗酸化作用でくすみレスに

左から、2種のビタミンCと4種の植物エキス配合。使い方次第でなりたい肌に。オバジC リファインローション 150ml ¥3,850(ロート製薬)、高浸透ビタミンCが2倍になって登場。VC100エッセンスローションEX 150ml ¥5,170(ドクターシーラボ)、5種類のビタミンC誘導体がシミのみならずエイジングケアも。5C バリア セラム 45ml ¥12,100(ドクター津田コスメラボ) 、ビタミンCに加えカフェインとグルタチオン配合。オイルなのにべたつかずサラリと肌になじむ。Cコンセントレートオイルセラム 20ml ¥5,940(ドクターケイ)
クリニックで肝斑だと診断されました。5C バリア セラムを2週間毎日朝晩たっぷり塗布。日中にもメークの上から。違和感があった明るめファンデが気にならなくなり驚き!(小山礼佳さん 42歳 主婦)

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』5月号掲載
撮影/岡本卓大〈人物〉 Kevin Chan、大槻誠一〈静物〉 ヘア・メーク/Mien(Lila) 取材/関根実凡 編集/小澤博子