【歯科医妻の美魔女】が実践している更年期の歯と歯茎のケアって?

サマリー白い歯と笑顔が素敵な美魔女、蓮見さん。さすがのプロ級オーラルケアをしていました。スキンケアと同様に丁寧で細やかなオーラルケアが白い歯の秘密。また、40代50代の更年期は唾液が少なくなるから、歯茎も顔同様にマッサージするのがオススメだそう。お気に入りのケアグッズも教えてもらいました。

スマイルコンシェルジュのオーラルケアは細やか!

蓮見さくらさん TEAM美魔女 自営業(46歳)
主人と一緒にデンタルクリニックにて患者さんと向き合っています。美意識の高い人は、歯の白さや口臭を気にするあまり、力いっぱい磨いて歯茎を傷めがち。歯茎が下がる「歯肉退縮」の症状は危険です。歯茎も肌と一緒。過度の摩擦には弱いので、柔らかいブラシと優しいお手入れ、隅々まで手をかけることを意識して。

磨き残しを防ぐために歯ブラシは複数使いが◎

最初は歯ブラシで磨き、その後、電動ブラシで1本ずつ。ブラウン オーラルBのデンタルブラシは、丸いヘッドがカーブの多い歯にぴったり沿います。色々試してこれがオススメ。

歯の隙間も力任せに「ゴシゴシ」はダメなんです

歯磨き後、フロスや歯間ブラシを使います。歯間ケアは細いタイプを選び、動かすのを一往復くらいに。力を入れたり何度も往復は×。力の入れすぎが音で分かる歯ブラシも◎。

歯周病予防と唾液分泌に歯茎のマッサージが◎

歯茎の血行を良くして歯茎に栄養が行きわたるようにすると、ピンクの引き締まった歯茎に。優しく指でマッサージ。口腔内環境を正常に保つ唾液をたっぷり分泌する効果も。

コーヒーやカレーの後はホワイトニングアイテムを

定期的にオフィスホワイトニングをしていますが、濃い色のものを食べたり飲んだりした時、歯の着色を防げないので、我慢するのではなく手軽なホワイトニングものを投入。

こちらの記事もおすすめ!



2022年『美ST』5月号掲載
撮影/千葉タイチ ヘア・メーク/陶山恵実(ROI) スタイリスト/菊地ゆか 取材/佐藤理保子 編集/千田真弓
PICK UP
注目記事