20代から現在まで!【女優・松雪泰子さん】の美の軌跡と美の秘訣

20代の頃からずっと変わらない美しさを保つ女優の松雪泰子さん。若い頃も今も、美しさの第一線に立つ女優としてとどまることなく活躍し、美を更新し続けている松雪さんの美の秘訣を教えてもらいました。「気づけばゆるヴィーガンになっています」という食生活や、体調管理のためのバイオロジカル検査など、美は健康ありきと語る松雪さんのキレイの秘密が満載です!

美は健康ありき。女性ホルモンや様々な数値と向き合って、底上げケアし続けます

教えてくれたのは……女優・松雪泰子さん
’72年佐賀県生まれ。「ミス・ジコチョー ~天才・天ノ教授の調査ファイル~」「半分、青い。」、WOWOWオリジナルコントドラマ「松尾スズキと30分の女優2」など幅広いジャンルで活躍。昭和の喜劇人を題材とした舞台「世界は笑う」(2022/8/7~8/28 Bunkamura シアターコクーン、9/3〜9/6 京都劇場)に瀬戸康史さん、千葉雄大さん、勝地 涼さんらとともに出演予定。

\美の変遷を振り返り!/
20代の松雪さん

1999年発売シングルCD「口唇」
第1回メンズノンノ・ガールフレンドに選出され、モデルとして活動後女優デビュー。ドラマを大ヒットさせ一躍有名に。多忙ゆえのストレスを瞑想で回避していた。28歳で出産。

30代の松雪さん

「美ST」2010年2月号
子育てを第一に女優業と両立。子育て真っ只中はヒーリングなど自宅でできる美容と、ハリや整体を時々。30代後半はジムでピラティスや体力をつけるマシントレーニングも。

40代の松雪さん

「美ST」2015年7月号
様々なアンチエイジング検査を取り入れ、年々バージョンアップ。エゴスキューメソッドを習得し、骨格矯正を中心にジムやトリートメントで役柄に合わせた体づくりもお手のもの。

自分と向き合い、丁寧に土台を作るように

尿、唾液、血液などでわかる代謝のバランスと、アレルギー、毒素の蓄積、遺伝子の働き、ホルモンなどの生化学的な状態を見える化し、問題点を洗い出せるバイオロジカル検査。原因不明の不調も改善できる可能性を秘め、体の最新情報から緻密な健康レベルを維持。
魂からご機嫌になれることを選んでいます。言葉は言霊。心地よいと感じる言葉で自他に呼びかけ、海辺を裸足で歩いてアーシングするなど、心地よいと感じる場所に出かけます。参考になったのは『願いがどんどん叶う「奇跡の言霊」神様とシンクロする方法』masa著。
気づけば、ゆるヴィーガンに。無農薬で緑の濃い季節の葉野菜やグラスフェットビーフなどオーガニックの肉、魚からタンパク質とビタミン・ミネラル、腸内環境をよくする食品を中心にオリーブオイルと天然塩のシンプルな調味料で調理。お酒も飲まなくなりました。

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』6月号掲載
撮影/宮崎裕介(SEPT)〈人物〉、尾島翔太〈静物〉 ヘア・メーク/伴まどか スタイリスト/飯田恵理子(CORAZON) 取材/金子美智子 編集/漢那美由紀