【手のシワが気になったら】美容医療で若々しく!|ビフォーアフター

ついに手にも美容医療を施す時代になってまいりました。今回は美STライターが手の甲に“ヴェルべットスキン”を実際に試してきましたのでそのビフォア・アフターをご紹介いたします。

手に“ヴェルべットスキン”でふっくら若々しい手元に

(左から)before、after、10日後

どんな施術?

ダーマペンで肌の表面に目に見えないほどの細かな穴を開け、次に皮膚の土台の真皮層まで届くマッサージピール(PRX-T33)を塗布します。肌の弾力を司る繊維芽細胞を刺激してコラーゲン産生を促すことで、肌にハリやツヤ、弾力を与えます。「年齢を重ねるごとに関節のシワが目立ち、筋張っていることが悩みでしたが、施術後4〜5日後から手の甲がふっくらとしてきました」(ライター山田)

施術プロセス

①麻酔をしたあと、ダーマペンで手の甲全体に微細な穴を開けます。
②マッサージピールを優しく馴染ませ浸透させます。
③幹細胞入りのパックをのせて30分鎮静させて終了。
担当してくれたのは……徳田 真紀子院長
●SALON DATA
ST.styleクリニック
東京都千代田区麹町4-6-8 ☎︎03-6261-7405 
患者からの信頼も厚い、美STでもお馴染みの人気クリニック。
手のヴェルベットスキン(幹細胞パック付き)¥24,750

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』7月号掲載
撮影/イ・ガンヒョン〈人物〉、大槻誠一〈静物〉 ヘア・メーク/広瀬あつこ〈モデル〉、神谷真帆〈読者〉 モデル/梅本理恵(TEAM美魔女) スタイリスト/菊地ゆか 取材/山田正美 編集/長谷川千尋