【背中がキレイな44歳美女】がやっているボディケア3つ

ワンピやドレスを着た時、背中の美しさは魅力のひとつです。年を重ねるとどうしてもお肉が付いてしまい、手が届きにくいからセルフケアも難しい部分。自分ではあまり見えないけれど、人には意外と見られているから意識してトレーニング&ケアが大切です!背中のキレイな人のケア方法を教えてもらいました。

【背中】筋トレと月1エステでいつでも自信を持って出せる準備を

羽鳥実花さん(44歳)会員制チャリティサロン代表
年数回のパーティでも自信を持って肩や背中が大きく開いたドレスを着られるように、普段からたるみレスでしなやかな美背中でいたいと思っています。太りやすい体質なので、信頼する先生につきパーソナルトレーニングを3年以上続け、背中に余分なお肉をつけないように。月1のエステやシーズンごとのボディメンテで、ハリや弾力のあるたおやかな質感も維持しています。
<Body data>
身長 155cm
体重 44kg
体脂肪率 22%
ウエスト 58cm

美背中の秘訣は背面トレーニング

3年前から2カ所のジムでパーソナルトレーニングをスタート。背中の余分なお肉をなくし適度な筋肉がついた女性らしいボディが目標。背中の他、胸筋や二の腕のトレーニングもしています。

時期に合わせてベストなサロンへ

毎月通っているPOLAエステの他、クラランスや話題のエステで背中のスクラブやオイルトリートメントをシーズンごとに受けています。パーティで背中が綺麗と褒められると嬉しくなります。

愛用コスメは背中メンテできるもの

エンビロンのローションは角質ケア。SHUGYOKUミストは毎朝背中にもひとふき、美容液は肌の引き締めに。POLAはハリ・ツヤ・保湿に。GOOPのボディバターで乾燥知らずのしっとり肌が完成。

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』9月号掲載
撮影/古水 良(cheek one) ヘア・メーク/Sai 取材/山田正美 編集/浜野彩希