【ディオール・サンローラン・ヘレナ】たるみを改善するクリーム10選

シミやシワに比べて、たるみは形状変化の手ごわいエイジング悩み。化粧品で変わるの…?そんな疑問があった時代は過去のものに。この秋冬に続々登場の結果が出るたるみケアクリームを10品厳選。すべて読者が試して効果を実感しました!

1:顔立ちまで変わった!?ふっくらツヤツヤの明るいハリ肌に驚き

アルブラン バイタライジングクリーム
アルブランの人気クリームが生まれ変わって登場。逆さにしても重力で垂れないほどの濃厚ツノ立ち!そして今回の読者お試しでは、肌への結果とトップ級の高コスパを両立! 肌弾力と見た目印象を左右するエラスチン繊維に着目し、新配合ローズマリーエキス&ワレモコウエキスが真皮の弾力にアプローチ。潤いとセラミド産生を促す成分センレンシエキスを日本で初めて薬用化粧品に配合し、角層を土台構造から強化。アルブラン バイタライジングクリーム 40g [医薬部外品]¥11,000(花王)

>25日間使ってみた結果は?詳細はこちらをチェック

2:〝頰落ち〟STOPで輪郭がクッキリ、肌の質感も激変!

エピステーム ステムサイエンスリフトクリーム b
ロート製薬の最高峰スキンケアライン、ステムサイエンスがこの秋リニューアル。注目はこのクリーム! 加齢による〝頰落ち〟に着目し、ボリュームを失って頰の位置が下がった大人の肌にふっくらハリを与える独自の複合成分・ステムフルコンプレックスをシリーズ最高濃度で配合しています。なめらかに伸びるのに、吸い付くようなもっちり感を両立。塗った瞬間にハリの手ごたえが感じられます。エピステーム ステムサイエンスリフトクリーム b 45g ¥36,300(ロート製薬)

>25日間使ってみた結果は?詳細はこちらをチェック

3:〝張力アップ〟のコンセプトはホントでした!

オバジX ダーマアドバンスドリフト
皮膚の張力に作用するキー成分、シャクヤク根エキス配合。独自の塗り方メソッドも。オバジX ダーマアドバンスドリフト 50g ¥11,000(ロート製薬)

>25日間使ってみた結果は?詳細はこちらをチェック

4:なんと4時間後に効果を実感!即顔痩せが叶う高級クリーム

オールージュ ラ クレーム エサンシエル
抗炎症効果の高い希少なサフランエキスで高速美容が叶う。オールージュ ラ クレーム エサンシエル 50ml ¥47,300(イヴ・サンローラン・ボーテ)

>25日間使ってみた結果は?詳細はこちらをチェック

5:ツヤの玉出現で頰位置がアップ!肌密度を上げるペプチドクリーム

スマート リペア クリーム
肌へ働きかけるペプチドを厳選し組み合わせたCL1870ぺプチド複合体を配合。なめらか感触のクリームでハリ肌に。高コスパも魅力。スマート リペア クリーム 50ml ¥12,100(クリニーク)

>25日間使ってみた結果は?詳細はこちらをチェック

6:さすがディオールの極み!印象がキュッと若返る

プレステージ ラ クレーム N
先進の「エイジリバース理論」に着想を得て、8週間で肌の印象年齢が若返るというクリーム。ディオール独自のグランヴィルローズ研究も極みへ。プレステージ ラ クレーム N 50ml ¥47,300 (パルファン・クリスチャン・ディオール)

>25日間使ってみた結果は?詳細はこちらをチェック

7:シャープなライン作りといえばクラランス。デイクリームも凄い

スープラ デイ クリーム N
エイジングケアラインからデイ&ナイトケアが発売。今回はデイクリームをお試し。スープラ デイ クリーム N 50ml ¥17,050(クラランス)

>25日間使ってみた結果は?詳細はこちらをチェック

8:白のバンデージクリームが登場!頼もしいホールド&ガード力

リプラスティ R.C. デイ クリーム
ヘレナの名品・黒クリームの日中用が新登場。外的刺激から防御。リプラスティ R.C. デイ クリーム 51g ¥48,400(ヘレナ ルビンスタイン)

>25日間使ってみた結果は?詳細はこちらをチェック

9:こんなに変わるなら高くない!?今回最高額の贅沢クリーム

雪肌精 みやび クリーム ネクタル
厳選を重ねた和漢植物エキスを配合。雪肌精 みやび クリーム ネクタル 50g ¥55,000〈編集部調べ〉(コーセー)

>25日間使ってみた結果は?詳細はこちらをチェック

10:熟睡した翌朝のような潤い。ハリも美白も欲張るクリーム

ベネフィーク リュクス リブルームナイトクリーム
保湿成分に美白も。ベネフィーク リュクス リブルームナイトクリーム[医薬部外品]40g¥24,200〈編集部調べ〉(資生堂)

>25日間使ってみた結果は?詳細はこちらをチェック

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』12月号掲載
撮影/岡﨑恒彦〈静物〉 取材/岩崎香織 編集/矢實佑理