メーク上手さんほど使っている!ヘアメークさんおすすめ【アイブロウブラシ】BEST5

指塗りコスメも増え、付属のブラシも優秀になったけど「やっぱりメークが上手にできない」と悩むなら筆に注目!筆を変えるだけでメークがグッと上品に。ヘアメークさんがコレ!と薦める名品アイブロウブラシを紹介します。

眉メークブームな今こそ、なりたい眉はブラシからが鉄則!

名品ブラシは眉尻まで繊細に描け、洗練された上品な印象の眉に。付属のブラシも優秀なものが多数。毛足や柄が短い分、筆を細かく動かす必要も。自然でカジュアルに仕上げたいときにおすすめです。

極小筆で圧倒的清潔感眉に!名品・白鳳堂のG5512

左、コシが強く耐久性も抜群の馬毛を使用。柔らかい毛質ながら2.5㎜と毛丈が短く綺麗に発色。柄の長さは2種。長いほうがより扱いやすい。G5512アイシャドウ 丸平短 ¥1,200(白鳳堂)右、コントゥアカラー+2色の眉パウダー。微細な粉が密着し自然な仕上がりに。コントゥアリング パウダーアイブロウ BR301 ¥4,500(コスメデコルテ)

How to Use

ブラシは寝かせれば広く、立たせれば細かく描けます。柄は長いほうが安定感が出て線がブレにくく、力が分散されて柔らかい眉が描けます。柄が短いと筆先に力が加わり濃くなる可能性も。❶細かく往復するように横に動かして全体を整え、❷眉頭は毛流れに沿って馴染ませます。毛がない部分はブラシを立てて色を埋めて。❸眉下に一本線を引くと顔の印象が締まります。❹眉尻はスッと筆を動かせば繊細な線が完成。

【おすすめブラシ①】Georgeさん推薦!おしゃ太トレンド眉になれる「ADDICTION」

「これ1本でナチュラルなラインもシャープなラインも描けます」(Georgeさん)「毛をしっかりキャッチして立体感UP。かっこよくおしゃれな印象に」(野口さん)
弾力、コシ、幅のバランスがパーフェクト。アディクション アイブロウ ブラシ ¥3,500(ADDICTION BEAUTY)

【おすすめブラシ②】イガリさん推薦!テクニックいらずで旬の抜け感が手に入る「WHOMEE」

「眉毛の形だけじゃなく濃さも調整しやすい。眉ブラシビギナーさんにこそオススメ」(イガリさん)「筆に頼れば今っぽい抜け感のある眉に仕上がる」(野口さん)
イガリさんが描くトレンド眉を簡単に再現可能。WHOMEE アイブロウブラシ 熊野筆¥1,800(Nuzzle)

【おすすめブラシ③】水野さん推薦!硬さ・長さともに繊細に描ける設計「THREE」

「幅、厚み、長さ、硬さ。全て理想通りで使いやすい」(水野さん)「眉毛をキャッチしやすく最後の1本までしっかり繊細に描ける。洗練された眉に」(野口さん)
ワンストロークでバランスに優れたプロ仕様の眉に仕立てる。アイブラウシェーピングブラシ ¥3,200(THREE)

【おすすめブラシ④】中山さん推薦!曲線的な女性らしい眉に「LAURA MERCIER」

「しっかりとした線も柔らかな線も、ブラシの角度でいかようにも表現できるところが好き」(中山さん)「曲線が描きやすく女性らしい印象の眉を達成」(野口さん)
眉色を正確にのせる。ローラ メルシエ ブロウディファイナー ブラシ ¥3,000(ローラメルシエ ジャパン)

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』4月号掲載
撮影/浜村菜月〈LOVABLE〉(人物)、五十嵐 洋(静物) ヘア・メーク/野口由佳〈ROI〉 スタイリスト/Toriyama悦代〈One 8 tokyo〉 モデル/樹神 取材/大山真理子 編集/長谷川千尋