汗ばむ季節はメーク落ちも防ぐフェイスパウダーに注目!2021年夏【サラ肌パウダー】新作5選

マスク生活になる前は、クッションファンデでツヤツヤに仕上げる肌が流行でしたが、マスク時代に清潔感のある肌はサラサラな質感。マスクによるメーク落ちも防ぎ、肌荒れからも守ってくれる最新のパウダーに注目が集まっています。

進化したパウダーでマスクに負けない発光する赤ちゃん肌

汗ばむ季節には「ふわっ」「さらっ」とライトな肌と今季旬の薄グリーンで爽やかに。美しい肌にはアクセサリーもシンプルに。

使ったのはこれ!

リニューアルして6代目のパウダーの名品。4色が肌の上で絶妙に混ざり、ふんわり発光肌が誕生。サラサラなのに時間が経っても乾燥しない。今回はブラシでつけて一層軽く自然な仕上がりにしました。ジバンシイプリズム・リーブル No.2 3g×4¥7,480(パルファム ジバンシイ)

こちらの4つもおすすめ

左上から時計回りに、大人気のクラリフィックシリーズからパウダーが誕生。スキンケア同様の成分でツヤのある透明肌に。タンクラリフィック ルース パウダー 01 15g ¥6,600(ランコム)、成分が人間の皮脂に近いと言われているホホバオイルで粉末をオイルコーティングし、サラサラなツヤ肌に。高保湿でマスク内は乾燥知らず。ルースパウダー 2 12g ¥5,500(イプサ)※5/7発売、透明度の高い「クリアクリスタルパウダー」配合。オイル量もアップし、肌にフィットし透明感とツヤが出る。RMK エアリータッチ フィニッシングパウダー 01 ¥4,950(RMK Division)、乾燥・テカリを感知し水分コントロールする植物性パウダー配合。羽のような軽さで重ねても崩れず透明感を保つ。SNIDELルースパウダー 01 ¥3,630(SNIDEL BEAUTY)

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』6月号掲載
撮影/峠 雄三〈人物〉、大槻誠一〈静物〉 ヘア・メーク/千吉良恵子(cheek one) モデル/観月ありさ スタイリスト/菊地ゆか 取材/中田ゆき 編集/佐久間朋子