40代が【白髪】をオシャレに生かして楽しむには「ハイライトカラー」が最適!

美ST世代の髪悩みと言えば「白髪」。まだ数本だけどチラチラ現れるものから、数週間に一度の根元リタッチが欠かせない状態まで、十人十色悩みは尽きません。どうしてもネガティブにとらえがちな白髪悩みですが、実はハイライトカラーを楽しみやすい、というポジティブなポイントもあるそうです。今回はハイライトカラーについて、ミルボンの研究開発部の方にお話しを伺ってみました。
お話しを伺ったのは・・・・・・株式会社ミルボン 研究開発部基礎研究チーム シニアリサーチャー 長谷部未来さん
ヘアカラー/ヘアケアアイテムの作用メカニズムが専門。
お茶の水女子大学大学院卒業後、2008年入社。ヘアカラーの開発を10年間担当。
その後、ヘアケアアイテムが毛髪に与える作用検証などの基盤研究を担当。

1.そもそもハイライトカラーって?

ハイライトカラーとは、髪より明るい色を全体的にバランスよく筋状に入れるデザインカラーのことです。
自然な立体感や透明感が出やすくなり、オシャレな印象になるので取り入れている人も多いはず。
筋状に取った髪をブリーチして、明るい色を入れますが、髪全体のごく一部しかブリーチしないので、全体をカラーするより実は髪への負担も軽いのにオシャレなデザインができ上がるので、エイジング世代の方にもおすすめです。

2.白髪が気になる美ST世代に「ハイライトカラー」がおすすめできるわけとは?

黒髪の中にチラチラ現れ出した数本の白髪を気にして、抜いてる人も多いのでは? 
ミルボンでPRを担当する中村佳子さん(株式会社ミルボン 経営戦略部 ブランド戦略室)もその一人でした。そこでいち早くハイライトカラーを試したところ、いいことづくめだったと言います。
「白髪が増えるに従い、根元から伸びてきた白髪を隠すために、全体の根元を均一にリタッチした経験がある人も多いでしょう。みなさんが必ずおっしゃるのが、『すぐに白髪が根元から顔を出すので、黒髪と白髪の対比が目立ち、逆に老けた印象になる』ということ。その通り、均一にカラーリタッチ→髪が伸びると根元の白髪が悪目立ち、のいたちごっこを繰り返してしまいます。そこでハイライトカラーの出番! 白髪を天然のハイライトと考え、ハイライトカラーの技術で、オシャレに人工の白髪もどきをプラスしてあげます。そうすることで、白髪を生かしながらヘアカラーをデザインすることができるのです。しかも洗練された印象に仕上がるのでいいことづくめ。「白髪」というエイジングによる髪の変化を、ポジティブに捉えられるのもよいところです。ちなみに私も、白髪を見つけると、鏡とにらめっこしながら1本1本抜いていました。でもハイライトカラーをしたところ、白髪が気にならなくなり、抜くことがなくなりました。それだけでも頭皮へ余計なダメージを与えることが防げました。そのうえ立体感や透明感、奥行き感が出てオシャレな表情が実現できました」。

3.どのくらいの白髪量の人に向いていますか?

白髪量はあまり関係ありません。
数本しかないけど気になる人から、かなり増えて根元リタッチとの追いかけごっこに疲れている人まで、幅広い白髪量にもメリットがあるのがハイライトカラーのいいところ。
本来なら白髪が生えると「白黒反対色の配置が視覚的に目立ってしまうという」日本人の黒髪ならではの悩ましい現象が起こりますが、ハイライトカラーを全体に入れることで抑制できます。その上陰影・立体感・透明感という造形美に結び付けながら、視覚をだます効果で白髪が目立たなくなるのが「ハイライトカラー」です。

4.せっかくキレイに仕上がっても、ダメージでボロボロになってしまうのでは、と心配です

ハイライトカラーに使う薬剤も、美容師さんのテクニックも大きく進歩し、ダメージはかなり抑制されてきていますが、ゼロではないのも事実。カラー直後の毛髪内部ではタンパク質が細かく切断されるダメージ減少が起きています。
とはいえ、サロンでヘアカラーした直後は、髪がまとまってツヤツヤ、むしろダメージが治ったかのように感じる仕上がりではありませんか? それはカラー剤に含まれる染料などの成分が毛髪内部にしっかり詰まり、髪の形状が整っているから。カラー直後は、内部ではダメージを負っているのに、見た目はキレイに見える状態なのです。
その後、洗髪を繰り返すたびに毛髪のタンパク質や染料などの成分が徐々に流れ出てしまいます。そのため、だんだん毛髪はうねり、広がりパサつく、色味が褪色する、という髪悩みが生じがちです。

5.カラー後のキレイを保つためには、どんなヘアケア剤を選ぶべきですか?

では、カラー後のキレイを持続させるためには、どうしたらいいのでしょう。
サロントリートメントはもとより、毎日の洗髪で、タンパク質の流出をブロックし、色味をキープすることに着目した施術や商品を選ぶことがポイントです。
その技術を搭載した商品がミルボンの「グランドリンケージ」。独自の技術「ボタニカルボンディングテクノロジー」「カラーセーブエマルジョンやモモ葉エキスによる褪色抑制技術」で、キレイなカタチと色をキープします。サロントリートメント、毎日のシャンプー&トリートメントやスペシャルケアに、是非取り入れていただくと、広がり、パサつき、うねり、褪色を抑制でき、違いがわかるはずです。
ウィローリュクス シャンプー200ml ¥1,760
ウィローリュクス ヘアトリートメント200g ¥2,640
デイリーケア用のシャンプーとヘアトリートメント。
内部補修と褪色抑制効果。タンパク質の流出をおさえ、髪のキレイなカタチと色をキープします。
シルキーリュクス(さらさら)、ウィローリュクス(しなやか)、ヴェロアリュクス(しっとり)と、仕上がり感に合わせ3種類。

美ST7月号付録で、グランドリンケージがお試しできます!

サロンカラー後に「グランドリンケージ」のサロンケアメニューを選ぶと、今回の付録であるホームケア用「お持ち帰り4th STEP」がついてきます。※取り扱いサロン様によって、異なる場合がございます。事前にお問い合わせください。
美ST世代の30代後半以降40代、50代は、まだまだカラーでオシャレをしたい一方で、白髪染めが必要だと感じている方もいてカラー人口が多く、加齢による髪悩みも出てくる世代。少なからずヘアカラーが髪を傷めることは知っていても、多くの女性がカラーをするのは、やはり見た目が大切だからですよね。
そんな美しさへの願いを叶え、お悩みは解決しながら、美ST世代の髪に至れり尽くせりのスペシャルトリートメント「グランドリンケージ 4+」が7月号の付録になっています。
週1回のご自宅用集中ケアトリートメントが4本、約1か月分です。シャンプー後に軽く水気をとってから、毛先を中心に全体に手櫛を通すように塗布し揉みこんだら、すぐに洗い流します。カラー後の髪の質感や色に、いつまでも満足できる嬉しいプレゼントを是非体感してください。

美ST7月号のネット書店での購入はこちらから
(各リンク先へジャンプします)

●Amazon

●楽天ブックス

●セブンネットショッピング

●HMV&BOOKS

取材/金子美智子 編集/佐久間朋子