美容誌スタッフが本気で勧める【メークボックス】6つ

スキンケア、メークアイテム、メークツールなど合わせると意外と多いもの。ヘアメークさんのように、パッと見てどこに何があるかがわかり、まとめて綺麗に収納できるメークボックスをご紹介します。入る量から 便利ポイントまで徹底リサーチしました。

Globe-Trotter/サファリ ヴァニティケース

【サイズ・重さ】※すべて編集部調べ

頑丈で大容量、高級感も随一。インテリア性も重視する人に
英国熟練職人によるハンドメイドでエレガントなヴァニティ。持っているだけで気分が上がり、インテリアも格上げしてくれる逸品。¥154,000(グローブ・トロッター)

【どれくらい入る?】美ST読者の平均的なコスメを実際に入れてみました!

読者さんにアンケート調査し、普段使うコスメの平均的な量を算出。各メークボックスにどれぐらい入るかを検証。化粧水×2、乳液、導入美容液、美容液×2、クリーム×2、下地×2、日焼け止めのスキンケアアイテム。リキッドファンデ×2、パウダー&クッションファンデ、コンシーラー×2、ハイライター、アイシャドウ×4、マスカラ×2、アイライナー×3、アイブロウ×3、チーク×2、リップ×10、ブラシ×6、スポンジ×3の総計51アイテム。
すべて入れてもまだまだスペースあり。14Lの大容量。高さのある化粧水のボトルも立てて収納できます。中に仕切りはなく、バラつきがちなリップやマスカラなどはトレイに置けばジャストフィット。

【使い勝手◎ポイント】

底部分はビニール張りなので、こぼれたり汚れてもさっと拭けるから安心。側面のゴムバンドで立てる収納も簡単。トレイにはジュエリーを入れても素敵。ミラーもあり実用性にも優れています。

THREE/メイクボックス S

【サイズ・重さ】※すべて編集部調べ

スキンケアもメークもバランスよく収納するならコレ
大きく開くことができ、中に何があるのか見やすい作り。グレーなので圧迫感がなく、部屋のインテリアにも馴染みやすい。¥28,600 ※一部店舗限定品(THREE)

【どれくらい入る?】

大きめのコンパクトなど7点が残留
蓋を開けると大きく広がる2段のスライドトレイにはコンパクト類が立てて並べられるので忘れることもなし。下の段にはスキンケアアイテムもすべて入り、コンパクトながら圧巻の収納力です。

【使い勝手◎ポイント】

スライドトレイはとにかく見やすく、どこに何があるかがわかり取り出しやすい。硬質パルプ製なので見た目より軽くて扱いやすく、 角が補強されているので頑丈。プロっぽさを求める方にオススメ。

shu uemura/メイクアップ ボックスミニ

【サイズ・重さ】※すべて編集部調べ

メークアイテムだけコンパクトにまとめたい人にオススメ
耐久性が高く丈夫なバルカンファイバーは自然素材なので使い込むほど風合いが出ます。無駄のない3段構造でコンパクトな作り。¥17,600(シュウ ウエムラ)

【どれくらい入る?】

スキンケア一式は潔く入れずに別収納
メークアップコスメ計39点ほぼすべて収納可能。最上段にはリップ10本が入り、アイシャドウやチークなどコンパクト類もスッキリ収納。スキンケアも一緒に収納したい方には大きいサイズがオススメ。

【使い勝手◎ポイント】

階段状に広がるので見やすく、取り出しやすい。下段には仕切り用のボックスがあり、マスカラやアイライナーなど立てて収納でき、取り出せるので中で迷子にならないのもポイント。

WHOMEE/バニティポーチ(大)

【サイズ・重さ】※すべて編集部調べ

コスパ最高!ポーチで仕切れば持ち運びにも大活躍
収納力と機能性を兼ね備えたデイリーユースにぴったりなポーチ。217gと超軽量だから重くなりがちなコスメの持ち運びが楽々。¥2,530(Nuzzle)

【どれくらい入る?】

残りは7点のみ。見た目以上の収納力
想像以上の収納力。メークアイテムをほぼすべて入れることができます。中の仕切りはマジックテープで位置を調整できるので背の高いスキンケアアイテムは寝かせれば収納可。

【使い勝手◎ポイント】

フタ部分の5つのポケットにブラシやペンシル型コスメがたっぷり入る。ブラシ専用のポケットがあるとブラシも傷まず、整理も楽。ダブルポーチ(別売¥1,980)がぴったり入り、外出時にそのまま持って行ける便利さ!

ARTISAN&ARTIST*/メイクバニティ デイリーゴールド

【サイズ・重さ】※すべて編集部調べ

軽量なのにしっかり入って使いやすい工夫満載の優等生
抜群の機能性と実用性にこだわり、シャンパンゴールドがスタイッシュ。ポリウレタン素材の合皮で汚れもさっと拭き取れます。¥16,500(アルティザン・アンド・アーティスト)

【どれくらい入る?】

背の高いボトル以外はほぼ入れることが可能
15cmまでのブラシやボトルなら立てたままOK。シンプルかつ機能的なのでプロ並みにたくさんのコスメを入れることができます。取り外し可能な仕切りが 2つあり、整理しやすい。

【使い勝手◎ポイント】

仕切りにはメークブラシやリップ、スポンジなど用途に応じて好きなものを収納できるホルダーやクリアポケット付き。外側両サイドのポケットは取り出しが簡単で一時的に置きたいものに最適。

MAY TWELVE/システムキャビネットバッグ

【サイズ・重さ】※すべて編集部調べ

収納力はNo.1!パッと広げて見渡せる形が便利
ヘアメークアップ・アーティスト岡田いずみさん監修。プロならではの工夫が詰まった使い勝手の良さとデザイン性の高さは秀逸。¥38,280(AINEXX)

【どれくらい入る?】

三角柱型の透明なPVCケースにすべてのコスメを収納しても余裕がある、圧巻の収納力。柔らかなビニール素材なので異なる形状のものも無理なくまとめられ、ヘアケアアイテムも収納できます。

【使い勝手◎ポイント】

中に何があるかが一目瞭然のPVCケースは取り外し可能だから、必要なものだけを持ち運ぶこともできます。ケースは単体でも購入可(来年発売予定)。細々したものが散らからず取り出しやすい。

こちらの記事もおすすめ!



2021年『美ST』8月号掲載
撮影/河野 望 取材/渡辺美香 編集/浜野彩希
PICK UP
注目記事