85歳の美ばあば・立花基子さん|楽しい時間を過ごすだけで若返った気がします

年齢を重ねるほどに美しさは進化します。最初は自分や気になる異性に向けた「見た目」の美しさかもしれないけれど、それはいつしかまわりの人を笑顔にする内面の豊かさが 溢れる美しさに、さらに時を経ると元気でいるだけで可愛いと感じる美しさに。人生100年時代、美しきばあばは、私たちが目指すべき美しさの目標なんです。

編み物を通じたおしゃべりの時間が若さの源「楽しい時間を過ごすだけで若返った気がします」

立花基子さん 85歳
学生時代からのお友達、長年続けている編み物教室のお友達など、年齢層の幅広い友人がたくさんいます。健康にいいサプリや食べ物などはまず、自分が試してよかったらすぐ教えたくなります(笑)。数年前、磁気のついた椅子の実演販売をホームセンターでやっていたので、お友達に声をかけたら10人くらい集まってお店の人から驚かれました。編み物はかれこれ35年続けていてその作品はバザーでお売りしています。年2回の作品展も張り合いに。おしゃべりをして楽しい時間を過ごすことが元気の源じゃないかしら。
《Profile 》
昭和11年生まれ。聖心女子学院に初等科から通う。主婦業の傍ら続けた編み物歴は35年。趣味は友達との会食。健康維持のためカイロプラクティック院に通う。
秋にあるバザーのためにせっせと作品作り。心をこめて編んでいます。老眼鏡をかけないで編めるのが自慢。でも肩は凝ります。

日本の昔の名曲を歌いながら声帯強化

一時期、風邪で声がつぶれてしまったので声帯を鍛えるために「歌の会」に参加しています。日本の童謡や名歌をみなさんで歌います。発声練習は腹筋も鍛えます。

ニットにつけるブローチは昆虫や草花が可愛い

ニットにはネックレスなどよりブローチが相性がいいんです。トンボや蜂など、あるいは植物のブローチをニットと一緒に提案すると、みなさん喜んでくれます。

老化を防ぐサプリメントは酵母とココナツ

左、カイロプラクティック院のアミノン酵母原液で便秘が解消。中、ココナツオイルを粒状にしたココダイヤ。認知症予防に。右、骨粗鬆症予防にビタミンDを。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』10月号掲載
撮影/長谷友貴 ヘア・メーク/正木万美子、川岸ゆかり(Luck.) 取材/秋山真美子、八尾美奈子、金沢由紀子、浦崎かおり 編集/長谷川 智
PICK UP
注目記事