「いいね!」が増える!美ST11月号付録【インスタ映えブツ撮りシート】の使い方

置くだけで簡単に映え写真が撮れるインスタ映えブツ撮りシートが美ST11月号の付録です。今回、何枚も撮影した中から選び抜かれた最強の6種シートなら、使うだけで一気に上級者に!ここでは編集部おすすめの使い方や上手な写真の撮り方を教えます。

置いて撮るだけ!美ST11月号の付録はインスタの「いいね!」が増える6枚セット

置くだけで映えるシートは超定番の大理石、くしゅっとさせたことでキラキラ感と立体感が増したオーロラ、これからの季節にも大活躍な白ファー、置く場所でニュアンスが変わって見えるグラデーション、白でも華やかなフラワー、ツヤ感が上品なピンク布の6枚。

使い方は?

カッターナイフで、定規などを添えながらまっすぐ切り放します。できるだけ雑誌を大きく開き、内側をしっかり固定すると切りやすく。切り取る際はケガにご注意ください。

上手く撮るコツは?

1:光の真下だと影ができやすくなるため、少し離れて撮ると立体感が出ます

電気の真下で撮影すると、自分の影が入ったり影による立体感が出ないので斜めから光が入る位置で。また、同じ考え方で自然光の場合は太陽の光が横から入ってくる朝や夕方が昼よりもオススメ。

2:物が光ったり映り込みが気になる場合は紙などを使って光を遮ればOK

照明の明るさや位置によって、ロゴが光って見えにくくなったり、変なテカりが入ったり…。できるだけ紙などを使って光を遮る工夫をして。それだけで写真がランクアップして見えます。

3:変化を出したいときやのっぺりするのが嫌なら浮かせればメリハリが

下に物を仕込んで高さを出すと写真に奥行きが出ます。影がより強調され写真にメリハリ。丸めたテープだと撮影物が転がらず便利。

4:広角レンズで撮るor引きで撮ってからトリミング、で余白調整がうまくいく

スマホのレンズで寄って撮ると撮影物がゆがみがち。引いて撮るか、広角レンズ機能を使って引きの写真にします。あとからトリミングして調整した方がゆがみが少なく、余白の雰囲気も自由自在。

ビフォーアフターが歴然!インスタブツ撮りシートがあれば一瞬で映える写真に♡

Before
After①
After②
コスメやちょっとした小物など、写真を撮るときに困る背景。この付録シートがあれば、何も考えずに置いて撮るだけでシンプルなものでもパッと目を引く写真になります。スキンケアでも地味にならずあっという間に映えフォトに!下半期の注目アイテムで実践!アプソリュ インテンシブエッセンス ¥44,000(ランコム)

<応用編>美STスタッフ発!“使える”撮り方アイデア

1:光&影で遊んでシートをさらにリアルに見せます

影を入れてムードをプラス。光が強く入る場所で撮影し、花や本などで影を入れるとオシャレな写真に仕上がります。大きな窓があるところは光が強くて◎(ライター・石津愛子)。

2:クリアファイルに挟んで使えば中身も出すことが可能

紙だから液体に弱いですが、そんな時はクリアファイルに挟んで使うのがオススメ! 中身を出すと上級者っぽく見えます。撮ったあとはファイル表面をふき取るだけ(副編集長・千田真弓)。

3:壁に貼ったり手を入れたりしてニュアンスを楽しんで

冷蔵庫にマグネットで貼って使うのも◎。写真の雰囲気が変わって新鮮ですよ。左手で物を持ち、右手で撮りました。ネイルも見えて、より映える可愛い写真に♡(編集長・桐野安子)

さらに!美ST公式インスタグラムをタグ付けして写真投稿した方に抽選でプレゼントが♡

シートを切り取り、写真を撮って投稿してください。美ST公式インスタ @be_story_official をタグ付けして投稿してくれた方に抽選でスペシャルプレゼントがあります♡ 詳しくは美ST公式インスタをCHECK!ハッシュタグ #美STブツ撮りシート もお忘れなく!

美ST11月号はここから購入できます!

各オンライン書店での購入はこちらから


通常版 890円
Amazon楽天ブックスセブンネットショッピングHMV&BOOKS

増刊890円
Amazon楽天ブックス
| セブンネットショッピング HMV&BOOKS

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』11月号掲載
撮影/河野 望 取材/石津愛子 編集/千田真弓
PICK UP
注目記事