アラフォー女性が失敗しがちな【NGヘアスタイル】 |内巻きワンレンボブ

髪悩みが増えてくる40代、50代。今までと同じように髪型をオーダーしても、「なんだか似合ってない」ということが増えていませんか? 40代、50代の女性がやってしまいがちなNG髪型を例に、老けて見えるポイントやオーダーするときに気をつけるべきことをヘアさんに教えていただきました。今回はボブ編。トップが薄く見えないようにカットすることと、後頭部の丸みが出すぎないようにすることが、「老けて見えるボブ」にならない秘訣のようです。

【NG】トップがぺたんこに見える内巻きワンレンボブ

トップがぺたんこ、さらにセンター分けにしてしまうと、分け目も目立つ上に髪が薄く見えてしまい、老けた印象になってしまいます。また、ワンレングスで後頭部がポコっと丸いボブスタイルはもう古いのでおばさんぽさが増してしまう原因に。内巻きで重たすぎる毛先は顔まわりも暗く見え、肌もくすんだ印象になるのでおば見えしてしまうことも。
教えてくれたのは?|SHEA表参道 店長/トップデザイナー 千代間勇翔さん

【要注意!】ボブをオーダーするときに気をつけたいNGチェックリスト

NG①トップがペタンコでセンター分け

40代50代の髪質はトップがぺたんこになりがち。さらにセンター分けにするとパックリ分け目が目立って薄毛に見えてしまう恐れが。トップにふんわり感を持たせましょう。

NG②ワンレングスで後頭部がぽこっと丸い

ワンレングスの丸みのあるボブスタイルはモード感もありますが、流行ったのはもう10年くらい前なので流行をアップデートできていない人に見られてしまうかも。

NG③毛先が重たく内巻き

重たすぎる毛先は動きがなく、抜け感がないので今っぽい雰囲気が出ません。内巻きに仕上げてしまうとさらに古さが出ておばさん感がアップしてしまいます。

こうすれば若見え!

レイヤーの毛流れと外ハネでトップのボリュームUP&後頭部の丸みを解消

高山明日香さん(44歳)メンタルコーチ
SIDE
BACK
髪質が硬く量も多いのでまとまりにくいため、ずっと同じような前さがりボブです。今っぽくて抜け感のあるボブスタイルにチェンジしたい。
レングスは肩上にカット。顔まわりに毛束を集めながらレイヤーを入れてバックのレイヤー幅を狭くすると、後頭部がぽこっと丸くならずナチュラルな仕上がりになります。全体的に程よい軽さと動きが出て若々しい印象に。前髪は頬骨に落ちる長さでカットし、かきあげてふんわり流せばラフなおしゃれ感が。毛先は外ハネに仕上げて今っぽさを。

【若見えPOINT】ワンカールの外ハネが若々しい軽さを演出

外ハネにカットした部分に、顔まわりのレイヤーが乗ることでくびれシルエットになり小顔効果が。アイロンで毛先を外ハネにワンカールして今っぽく、前髪はリバース巻きにし最後にトップをワンカールすればふんわり仕上がります。
☆SALON DATA
SHEA表参道 (シア オモテサンドウ)
東京都渋谷区神宮前5-46-16 イルチェントロセレーノ2F
☎03-6450-6985
(営)火・水11:00〜20:00、木11:00〜21:00、金10:00〜20:00、土・日・祝10:00〜19:00
(休)月

▼あわせて読みたい!

撮影/楠 聖子 メーク/Sai 取材/古川延江 編集/長谷川 智
PICK UP
注目記事