透明肌ライター川上桃子(46歳)がおすすめ|夏の肌疲れをなかったことにするスキンケア&腸活・サプリで【攻めの秋美白】

光文社ライター1.2を争う透明肌の川上桃子は、日常から攻めの美白ケア派。10月に入り乾燥し始める季節だから、保湿しながらくすみをオフするのが鉄則です。紫外線は弱くなりつつも夏疲れで肌もくすみがちな秋。美白ケアは夏の守りケアから、攻めに転換して!

1:洗顔

くすみが一発でオフできる驚きの洗顔料。秋はくすみが気になるので、週1〜2回使用。洗った後の肌は自分史上一番のつるつる肌です。美容液成分を抱え込んだ成分が、糖化やくすみのある角質を洗い落とし、透明感のある肌に導く。B.A ディープクリアライザー 120g ¥13,200(ポーラ)

2:化粧水

乾燥する秋の化粧水は保湿重視。乳液成分が入ったエマルジョンin処方なので内側から潤うような保湿効果が。朝夜共に使ってます。とろみテクスチャーで潤う高保湿化粧水。アクフォンス ハイドレイティング ローション エンリッチド 200ml ¥8,800(SUQQU)

3:クリーム

ビタミンC誘導帯配合なので、まだまだ強い紫外線を浴びそうな日、当たった日もこれがあれば安心。肌が柔らかくなります。すべての成分をリポソーム構造にし、肌の奥まで届けるクリーム。ファミュ ルミエール ヴァイタルクリーム 45g ¥8,800(アリエルトレーディング)

4:マスク

日焼けしたかもという日は必ずエトヴォスを。時間がない時は、エルツティンを。朝余裕がある時はベージック→エトヴォスでケア。左・1回で美容液1カ月分の集中美白ケア。薬用ホワイトニングコンセントレートマスク[医薬部外品]21ml×3枚 ¥3,080(エトヴォス)右上・潤い、ハリを与えるヴィーガン処方の洗い流すマスク。ベージック ソフトニングインフューズドマスク 75ml ¥5,28(サンク)右下・寝ている間に肌を集中ケア。保湿力を高め、弾力のある肌に。モイスチャー スリーピングマスク 150ml ¥4,150(エルツティン)

5:腸活

腸活をすることで肌の透明感が格段にアップ。体に合う麹の乳酸菌飲料に、ベジホリック、3,000mgのビタミンC、プロテインを混ぜて朝食に。良質な蜂蜜は腸にいいのでお料理の甘みとして。左・2つの乳酸菌も配合された青汁。vegeholic 32包 ¥4,290(サウルス)中左・オーストラリアの百花蜜。ホリステティック ワイルドフラワー 380g ¥3,500、中右・ジャラの生蜂蜜。ホリステティック ジャラ 380g ¥7,500(ともにルカプリス)右・良質の契約栽培米を植物性乳酸菌「ラクトバシラス・プランタラム ANP7ー1株」と麹で発酵させたお米の乳酸菌飲料。ANP71 150g ¥324(福光屋)

6:グッズ

犬のお散歩時にも完璧に紫外線からガード。美白派の間でトレンドのヤケーヌ、首ストラップ付きハットで隙間をつくらないように!写真のハットはAURALEEのもの。下・UPF35、UVカット率94%。接触冷感機能付き。UVカットマスク ヤケーヌスタンダード(私物)上・紫外線、赤外線、可視光線100%カットの完全遮光ハット。SUN BARRIER 100のハット11+plus(私物)

7:サプリ

特殊なカロチノイドが紫外線を吸収し、アンチエイジングにも効果があると言われるクリスタルトマト。トマトもなるべく食べるようにしています。天然の白いトマトが原料の飲むスキンケア、美白サプリメント。CRYSTAL TOMATO®︎ ワン・ア・デイサプリメント 30錠 ¥13,750(Eye-Lens Pte Ltd.)

8:ボディ

シミが怖いのでエンビロンで体にもたっぷりとビタミンCケアを。香りも◎なレカルカ オムは大容量なのでむせるぐらいヘアから爪先までシューッと浴びてます。左・UV-A波もB波もカット。レカルカ オム フレグランス UV カットスプレー SPF50+・PA++++ 100g ¥2,860(レカルカ)右・ベータカロチン、ビタミンA、C、Eの美容成分配合のボディクリーム。エンビロン ボディクリーム 100ml ¥8,800(プロティア・ジャパン)

9:メーク

秋は乾燥するので、顔に唯一のせる粉もの=プレストパウダーはしっとりとした質感のものに。上気したような幸せ肌になれます。肌に優しくなじむクリーミーな使い心地。ディオールスキン フォーエヴァー クチュール ルミナイザー 02¥6,380(パルファン・クリスチャン・ディオール)

10:クリニック

川上さんおすすめの施術はグルタチオン点滴Xデルマシオ ¥17,000でのビタミンC、Eやトラネキサム酸導入。「夏に浴びた紫外線でシミができないように予防&ケアします。冬に備えてお肌をフラットな状態に!すぐに肌がワントーン明るくなり透明感が。」
アンジークリニック 院長 名倉直彌先生
ANGIE(アンジークリニック)
angieclinic.com 日々のホームケアや、最先端の美容施術を受けられる7月開業の美容クリニック。
教えてくれたのは……ライター 川上桃子(46歳)
美ST、STORYなどで活躍する人気ライター。発光しているような幸せ肌の持ち主。フォロワー数5万超を誇るインスタグラム@momoko.kawakami.29も大人気。

こちらの記事もおすすめ!




2021年『美ST』11月号掲載
撮影/五十嵐 洋<静物> 編集/川上桃子 編集/佐久間朋子
PICK UP
注目記事