【雑誌JJと今の私】HARUKOさん「いくつになっても水着が着られる色っぽくてヘルシーな体が目標」

19歳で雑誌「JJ」にてモデルデビュー、その後も「VERY」などでモデルを務めるHARUKOさん。20代の頃と全く変わらない体型を保つ秘訣って?JJ時代の思い出話とともにお話を伺いました。

自分のボディラインから目をそらさずにストイックに体型キープ!

HARUKOさん 47歳
私の活力源は週1~2回、海で友達とサーフィンを楽しむこと。JJでSサイズモデルだった頃から、スタイルを良く見せたいと常に思っていて、ボディメイクは特に努力しています。7年前からBody Tuningで体を1mm単位で微調整して真っすぐに戻し、心躰調律矯正の白々華に通うようになってから気になっていた二重アゴもなくなり、バストが3サイズアップ。何歳になっても水着でサーフィンができる体を目指して頑張ります!

カットソー¥15,400、パンツ¥25,300(ともにアッパーハイツ/ゲストリスト)リング¥6,380、ブレスレット¥42,240(ともにENAK…/エナッ)
《Profile》
読者モデルをきっかけに19歳でJJモデルに。海をこよなく愛するナチュラルなライフスタイルと、独自のファッションセンスが同世代から人気。

HARUKOさんのキレイの秘訣は?

少量でも顔全体にスーッと伸びるPG2のオールインワンジェル「マリーンリッチ」を塗った後、エステティシャンのようなタッピングが気に入っているARTISTIC & Co.の「ドクターアリーヴォ ザ ゼウス プラス」で2日に1回EMSモードでフェイスラインを整えます。
色っぽくてヘルシーなボディを作るために通っているのは、表参道にある心躰調律矯正サロン〝白々華〟☎03-6447-2636と、7年間続けているBody Tuning(https://bodytuning-assoc.com/)。

HARUKOさんのビューティ年表

20代
JJモデルデビューを果たしてすぐ、’94年9月号「素顔のJJモデル」に登場。Sサイズモデルとして伸長術をあれこれ考えていました。
30代
結婚を機にライフスタイルが海寄りに。29歳で出産し、30代は子育てがメイン。この頃からサーフィンを本格的にスタートしました。
40代
年に1~2回水着や下着の撮影があるので、体型維持のため定期的にファスティングを取り入れるように。毎回追い込んでます(笑)。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』10月号掲載
撮影/嶋野 旭 ヘア・メーク/斉藤 誠(Lila) スタイリスト/二井里佳子 取材/増野玲奈 編集/鈴木ヒナタ