「ボリュームダウン」「白髪」「うねり」髪悩みが目立ってしまう【NG髪型】4つ

薄毛・白髪・うねり・アホ毛・・。年齢を重ねるごとに増える髪の悩み。そんな髪悩みをカバーする髪型にしたつもりが逆効果になっていませんか?40代が陥りがちなNG髪型と正解ヘアを紹介します。

《CASE ❶》これはNG!かきあげ前髪はうまく立ち上がらずに薄く見えがち

かきあげ前髪や、毛先を軽くしレイヤーを多めに入れたウルフヘアは、密度が低下した前髪&コシがなくなったトップとは相性が悪いので注意を。

正解ヘアは……外ハネボブでボリュームUPと生え際を見せない透け前髪に

肩にあたって外ハネする長さでカットしたボトムの髪の上に、内巻きにしたトップの髪をかぶせるようにカットを。肩がストッパーになり外巻きと内巻きのカールが重なってロックするからトップのボリュームがキープされ、華やかさもアップ。ひし形くびれヘアで小顔効果も。

▼この髪型の詳しい解説はここから!

《CASE ❷》これはNG!ぱっつんストレートボブはうねりを強調

毛先ぱっつんのストレートは中間やトップのアホ毛が目立ちやすい。薄すぎ前髪は湿気でうねりやすいからうねり悩みの人は気をつけて。

正解ヘアは……ランダムなのが特徴の加齢のうねりをニュアンスカールに

年々増えてくるうねりでまとまらないと悩んでいるなら、スタイリングが大変なストレートにこだわるよりうねりを活用した抜け感ふんわりヘアがおすすめ。レイヤーを入れ毛先を軽くしたひし形ヘアにすることで髪に動きが生まれ、うねりが揺れるふわっとしたボリュームに。

▼この髪型の詳しい解説はここから!

《CASE ❸》これはNG!薄すぎる前髪は分け目が悪目立ちします

流行りの薄い前髪は奥行きが狭いので、分け目がはっきりとつきやすく白髪が目立つ原因に。分け目の白髪が気になりだした人にはおすすめません。

正解ヘアは……ふんわりトップからつながる前髪で分け目をカバー

頭頂部に分け目を作らず、トップにボリュームを持たせてほどよい厚さの前髪とつなげれば、伸びてきた白髪も目立ちにくく次のサロン予約まで安心。ふんわり乾かしたらアイロンで軽く外ハネにすればバランスも良くなります。

▼この髪型の詳しい解説はここから!

《CASE ❹》これはNG!重めロングヘアはアホ毛が分け目から出やすく

トップがぺたんこだとアホ毛が目立ちがち。特にロングは髪の重さで引っ張られトップがぺたんこになりやすく、レイヤーを入れてもバランスが悪くなることも。

正解ヘアは……動きのあるグラデーションボブでアホ毛をなかったことに

トップにもレイヤーを入れたグラデーションボブにカット。頭頂部の分け目もふんわりカバーしてくれてアホ毛も見当たらなくなったみたい。つむじの根元から乾かしボリュームを出したらストレートアイロンで毛先に丸みを出せば秋服にもぴったり。

▼この髪型の詳しい解説はここから!

こちらの記事もおすすめ!



2021年『美ST』11月号掲載
撮影/浜村菜月(LOVABLE)、 風香(LOVABLE) モデル/神戸蘭子 メーク/ 榊 ひかる(Lila)、 Mien(Lila) スタイリング/大塩リエ 取材/佐藤理保子、古川延江 イラスト/EccO 編集/鈴木ヒナタ
PICK UP
注目記事