女優・黒木 瞳さん「何歳になってもキラキラと輝く瞳を持ち続けたいですね。目薬さしながら(笑)」画像集

宝塚歌劇団で頂点を極め、女優としても常にトップを走り続ける黒木 瞳さん。黒木さんの美しい写真をまとめました。

ご主人とは真珠婚、お嬢さんとは美容トーク、仕事では石橋を叩いて叩いて飛び越える派

ニット¥66,000、パンツ¥91,300(ともに3.1 フィリップ リム/3.1 フィリップ リム ジャパン)ピアス(左)¥59,400、ピアス(右)¥59,400、リング¥85,800(すべてトーカティブ/トーカティブ 表参道)
シャツ¥71,500、ワンピース¥110,000(ともにヌメロ ヴェントゥーノ/イザ)イヤリング¥396,000(ロイヤル・アッシャー/ロイヤル・アッシャー カスタマーサービス)ブーツ¥189,200(クリスチャン ルブタン/クリスチャン ルブタン ジャパン)
ワンピース(ベルト付き)¥169,400、タートルニット(店舗限定)¥80,300、チュールスカート¥119,900(すべてファビアナフィリッピ/アオイ)イヤーカフ〈クロス〉¥17,600、イヤーカフ〈ダイヤモンドダスト〉¥13,200(ともにマリハ)バングル¥242,000(ベルシオラ)靴¥90,000(ルメール/スクワット/ルメール)
ドレス¥162,800(ニナ リッチ/イザ)イヤリング¥913,000、リング¥649,000(ともにポメラート/ポメラート クライアントサービス)ブーツ¥182,600(ファビアナフィリッピ/アオイ)
ドレス¥209,000(ヌメロ ヴェントゥーノ/イザ)ピアス¥935,000(アントニーニ/コロネット)
《Profile》
福岡県出身。81年宝塚歌劇団入団。2年で月組娘役トップ女優になり、85年に退団。以降、多数のドラマ、映画、舞台で活躍。97年映画『失楽園』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞。16年映画『嫌な女』、20年『十二単を着た悪魔』では監督業で活躍。今秋、舞台『甘くない話~ノン・ドサージュ~』では舞台演出も務めた。

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』1月号掲載
撮影/下村一喜 ヘア・メーク/黒田啓蔵(Iris) スタイリスト/後藤仁子 取材/安田真里 編集/漢那美由紀