MAKE UP

【薄眉、下がり眉】はメイクで解決!立体的で若々しい小顔になれます

眉は見た目の印象を大きく左右するので難しいからと手抜きではもったいない。使いやすくなっているアイテムを選び複数の質感を少しずつ重ねていくことで自然な眉メークが完成。眉が整うと顔立ちも立体的に、小顔効果で若々しく!人気へアメーク岡野瑞恵さんが教えてくれました。

【まばらな下がり眉】は眉山上から描き足してナチュラルな半月形に

普段のメークは薄くファンデを塗って、マスカラとアイラインとリップのみ。眉は描くと変になるので諦めていました、と言う南さん。顔立ちも可愛らしいのですが、眉が短くまばらで下がっているので、眉を整えるだけでも印象が変わります。美ST世代は流行りの眉を真似て、抜いたり、剃ったりして生えてこなくなってしまった人も多い年代。毛がない部分もある、まばらな眉メークは複数アイテムで、より自然な仕上がりに。一気に描こうとせずに、少しずつボリュームアップさせるイメージで。毛流れに沿って、パウダーやペンシルで色をのせていくと自然に立体感のある眉が作れます。眉こそ流行が変化していくので、更新することで一気に垢抜けますよ。

さりげなくトレンドを取り入れた、上品で清潔感のあるメークが好評。現場を明るく盛り上げる巧みな話術と温かい人柄が魅力で、数多くの女優、モデルからの指名が絶えない。

\使ったアイテムはこれ/

(左)毛流れを自然に整えながら光ニュアンスでアイシャドウと眉を調和、軽やかで抜け感のある仕上がりに。LUNASOL スタイリングアイブロウマスカラ 02 Brown ¥3,080(カネボウ化粧品)
(中)リキッドとパウダーの1本2役、毛の生え方や、左右差を微調整するのに使いやすいスティック。自眉のような美しい仕上がりが長時間持続します。ESPRIQUE W アイブロウ スタイラー (リキッド&パウダー) GY002 自然なグレー ¥2,860〈編集部調べ〉(コーセー)
(右)色の濃淡がつけやすく、立体感のあるナチュラルな眉を演出できる人気のパレット。ブラウンピンクで垢抜け眉に。KATE デザイニング アイブロウ3D EX-8 ¥1,210〈編集部調べ〉(カネボウ化粧品)

【メークのポイント】最初に眉山の上側から眉尻へ。眉頭は下から上へ。パウダー、リキッド、マスカラで調整

眉の毛が薄くまばらな下がり眉は、まず眉山から眉尻へと上側から淡いブラウンのパウダーで地肌を染めるように形を作ります。毛がない部分はリキッドタイプで1本1本毛を描き足し、毛が密集している部分からマスカラで色みと毛流れを整えます。

1:眉を描く前にスクリューブラシで毛流れを整えます

眉に残ったスキンケアやファンデの油分、パウダーのムラなどを取り、眉を描く下準備をします。スクリューブラシで眉頭から、眉尻までとかして毛流れを整え、毛の足りないところを確認します。眉毛をスムーズにグルーミング、ぼかしにも最適。NARS ブロースプーリー #28 ¥2,310(NARS JAPAN)

2:眉山上側から毛流れに沿って描き足し眉尻の終点は眉頭と同一線上に

中央の色を小ブラシに取り、毛流れに沿って少しずつ毛の足りないところを埋めます。眉山から眉尻にかけて、下がり眉の人は、下から描き始めると余計に下がってしまうため、上側から始めて眉の幅を広げていきます。最初から濃い色を使うと描いた感が強く出すぎて修正が難しくなるので要注意。髪色に合わせたブラウンピンクで垢抜け眉に。ケイト デザイニングアイブロウ3D EX-8 ¥1,210〈編集部調べ〉(カネボウ化粧品)

3:眉頭は自眉を生かし毛の向きと同じ上向きに描きます

付属の太ブラシでアイブロウパウダーの上と中央の色をミックスさせて、眉頭から眉尻へと全体の色みを自然に馴染ませます。眉頭は毛流れに沿って、細ブラシで下から上へとかすように上向きにぼかすと自然な仕上がりに。一気に仕上げようとせず、鏡を遠近で見ながら、少しずつ色を足して調整していきます。

4:毛のない部分は1本1本描き足して調整します

形を整えたら、眉毛が生えていないところや薄い部分にリキッドで、毛流れを意識しながら1本1本毛を描き足します。パウダーでベースを仕上げてから埋めていくので、眉に奥行きが出て自然な仕上がりに。エスプリーク W アイブロウ スタイラー(リキッド&パウダー) GY002 自然なグレー¥2,860〈編集部調べ〉(コーセー)

5:眉尻側の下にハイライトを入れ骨格を際立たせます

❷で使用のパレットの、下の明るい色を太ブラシに適量取って、一旦手の甲などで量を調整してから、眉中央から眉尻側の下部分にぼかし入れます。つけているかいないか、わからない程度に入れることで、骨格が際立ち、眉もより立体的に仕上がります。立体感のある眉には若々しく見える効果もあります。

仕上がりはこんな感じ

ナチュラルで上品な眉メークでチャーミングな魅力が全開に。「眉メークで、上品で素敵な印象になって感動しました! 眉の上側から形を作ること、少しずつパウダーで色をのせて、毛の生えていないところを埋めていくようにすれば失敗なくできることもわかりました。眉を描くのは苦手でしたが、キレイに描けるように毎日練習します!」

メークのポイントをYouTubeで配信中!こちらもチェック!

岡野さんのメークテクニックを動画で解説!詳しいメークプロセスをYouTubeにて配信中です。ここからぜひチェックして。

こちらの記事もおすすめ

2023年『美ST』5月号掲載
撮影/天日恵美子〈人物〉、相澤琢磨〈プロセス〉、五十嵐 洋〈静物〉 ヘア・メーク/岡野瑞恵(STORM) スタイリスト/平沼洋美 取材/中井川桂子 編集/小澤博子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

【薄眉、下がり眉】はメイクで解決!立体的で若々しい小顔になれます

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topics今、スキンケアで注意すべきこと