MAKE UP

【頬がこけた!?】見た目年齢-10歳が叶うチークの正しい使い方って?

年齢とともに肌のハリや弾力が失われ顔の印象がなんとなく寂しくなってきたら面積の広いチークを見直してみて。テクスチャーや色の選び方、入れ方次第でたるみによる頰のコケ感も払拭。さりげないツヤと血色感でイキイキと健康的に若々しい印象になりますよ。ヘア・メーク岡野瑞恵さんが教えてくれました。

顔がやせて寂しい印象になってきたら【クリームチーク】で血色プラスしてふっくら元気見え

若い頃からメークはほぼ変えていないという福井さん。最近は、顔がやせてきて寂しげに、疲れた印象になるのが悩みだそうです。肌がやせてきて、元々の骨格もすっきりしているので、メークしていても大人しく見えがち。チークで明るい印象に変えてみましょう。肌に馴染むコーラル系カラーで程よいパール感のあるクリームチークと、赤みのあるルミナイザーの光とツヤを重ねると、頰にふっくらとした上品な透明感が出ます。発色やパール感が強すぎるチークはおてもやんに。自然なツヤや立体感、血色が出るように質感の異なるパールの重ね使いと、骨格を生かした入れ方で、親しみやすく、元気なイメージに。

教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 岡野瑞恵さん

さりげなくトレンドを取り入れた、上品で清潔感のあるメークが好評。常に現場を明るく和ませる温かい人柄も魅力で、数多くの女優、モデルからの指名が絶えない超実力派。

\使ったアイテムはこれ/

(左)繊細なパール感で肌の透明感を高めながら、ナチュラルなメリハリをつけます。さりげない光の効果で美しい骨格を強調。DIOR ディオールスキン フォーエヴァー クチュール ルミナイザー 06 コーラルグロウ ¥6,710(パルファン・クリスチャン・ディオール)、(右)シアーな発色で、肌に溶け込み自然な血色と立体感を醸し出す、新感触のクリームチーク。艶やかな美しさを引き立てフレッシュな表情を演出。DECORTÉ クリーム ブラッシュ 855 ¥3,850(コスメデコルテ)

【メークのポイント】

肌に溶け込むように密着するチークで内側からにじみ出る血色感を。さらにパールの光でフレッシュで丸みのあるふっくら頰が完成!自然な血色を感じるコーラル系の色で、肌に溶け込むクリームチークを頰の高い位置を中心に丸く指でぼかします。周囲に赤みのあるパールのツヤをブラシで丸く足していきます。異なる質感のパールを重ねることで立体感のある若々しい顔立ちに。

1:程よいパール感とツヤが出るクリームチークで血色を

肌が本来持っているような血色カラーならチークが悪目立ちしません。ツヤが出るタイプを選んで少量ずつ馴染ませれば、ムラにならず自然な立体感を醸し出します。クリームチークは肌馴染みがよく、繊細な光沢感と肌がふっくら見えるパール入りがおすすめ。シアーな発色のコーラルピンク。

DECORTÉクリーム ブラッシュ 855 ¥3,850(コスメデコルテ)

2:中心を濃く周囲は薄く馴染ませ自然なグラデーションで立体感を

チークを指先に少量取り、笑った時に頰の一番高くなるところを起点に、少し丸みを描くように中指と人差し指を使ってトントンと軽く叩き込むように周囲へ馴染ませてふっくらと。起点から外へ丸く、顔の側面はこめかみ方向にぼかします。頰の中心が一番濃く、周囲へグラデーションになるように馴染ませて、肌の内側から透けるような血色感を演出。

3:繊細なパールの赤い光をチークの周囲にプラスして骨格を立体的に掘り起こします

ベースのチークに重ねるパウダーも、赤みのある色を選べばツヤだけでなく血色感と肌をふっくら見せる効果も。ブラシに適量取り、チークの周囲と頰のカーブに自然に沿うよう、丸みを生かしながら入れると、肌の曲線が生かされナチュラルなメリハリが。左:顔の凹凸にフィットして、自然な仕上がりに。

NARS ブロンザー/セッティングパウダーブラシ #14 ¥6,160(NARS JAPAN)、右:さりげない色づきで立体感も。ディオールスキン フォーエヴァー クチュール ルミナイザー 06 コーラルグロウ¥6,710(パルファン・クリスチャン・ディオール)

仕上がりはこんな感じ

いつものメークは平面的で寂しげな印象でしたが、チークを入れることで血色感と立体感がプラス。気になる頰のコケも気にならなくなり、下半顔の長さを短く見せるので面長印象まで払拭。繊細な光の作用で、透明感と顔のメリハリもアップ、パッと華やかな印象になりました。

上品な血色感とツヤのふっくら頰で今っぽく親しみやすい印象に。「基本ナチュラルメークで、毎回同じような感じになってしまうのですが、今回は華やかに、いつもと違う自分が発見できてとてもうれしかったです。チークの選び方や2つ使う入れ方もふんわり柔らかく健康的に。こんなにも顔の印象が変わるのかと驚きました。メークもファッションも初体験でドキドキして胸が躍る貴重な機会になりました!」

メークのポイントをYouTubeで配信中です!こちらもチェック!

岡野瑞恵さんが今回のメークを動画でわかりやすく紹介!チークの入れる位置やブラシの使い方は要チェック!

こちらの記事もおすすめ

2022年『美ST』11月号掲載
撮影/寺田茉布(LOVABLE)〈人物〉、 相澤琢磨〈人物、プロセス〉、 大槻誠一(A-1)〈静物〉 ヘア・メーク/岡野瑞恵(STORM) スタイリスト/平沼洋美 取材/中井川桂子 編集/小澤博子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

【頬がこけた!?】見た目年齢-10歳が叶うチークの正しい使い方って?

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topics今、スキンケアで注意すべきこと