48歳美魔女「40代で念願のカフェをオープン。第二の人生真っ只中です」

アスリートの妻として食から健康を支えてきた美魔女の魚谷泰子さん(48歳)。アスリートフードマイスターや野菜ソムリエの資格を取得するなか、15年間夢見てきたカフェを3年前に念願かなってオープン。新しい人生の幕開けに日々充実した生活を送る魚谷さんに密着しました。

アスリートを支えた食の知識を元に、15年間夢見ていたカフェをオープン

魚谷泰子さん・48歳 TEAM美魔女/カフェオーナー
主人がモーターボート選手で、私は栄養管理のためアスリートフードマイスターや野菜ソムリエの資格を取得し、健康を食からサポートしてきました。いつからか夢見ていた自分のカフェは3年前有馬温泉に理想のビルが見つかり、一気に具現化しました。資金は女性の新規開業支金を借り入れ、内装をコーディネート、食器や食材の手配もひとりで。まだまだ発展途上でメニューも随時更新中ですがカフェは自分のお城。お客様の笑顔に囲まれ充実した毎日です。
\魚谷さんの年表/
22歳 秋田ボートピアに就職
25歳 結婚し兵庫県へ
26〜27歳 長女・長男出産
37歳 野菜ソムリエ取得
38歳 モデル業開始
39歳 美魔女コンテスト出場
41歳 アスリートフードマイスター 取得
43歳 バリスタライセンス取得
45歳 Fish House Café開業
48歳 3周年目

くまさんの周りにハートをアレンジ♪

お昼の賄いは野菜くずで出汁をとったスープカレーを。代謝アップのスパイスをきかせ、食物繊維たっぷりのひきわり納豆入りです。バリスタの学校に通ってラテアートのディプロマを取得。拘りのカフェマシンを使って挽きたてのコーヒーを。

階段の上り下りで筋トレしてます

カフェは1階がカウンター席、2階にテーブルソファ席があり、毎日料理を持って何往復もするので、太る暇がないほど。いつも明るく元気な笑顔でいるために、1カ月に一度三宮の「ぷらす整骨院」で美容鍼をしてもらっています。

自慢のカフェメニューは実家・秋田の食材を

カフェメニューは特色を出すために実家のある秋田の食材を使っています。のどごしが良い「稲庭うどん定食」や、大根を燻製にしたいぶりがっこのメニューも人気。

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』7月号掲載
撮影/渡邊力斗 ヘア・メーク/児玉 藍(Luck.)  取材/八尾美奈子 取材・編集/金子美智子