【イボ・ほくろ】を増やさないための3大習慣

夏になると隠しきれず人目に触れる首やデコルテ、背中、腕。体型はもちろん気になるけど、体のあちこちのイボやブツブツが気になるという読者の声も。まずは体にエイジングサインを増やさないためにできる3大習慣をご紹介します。

1. 塗る・飲む・日傘。あらゆる方面からのUV対策

体のイボやほくろ、細かいエイジングサインの予防に最も有効なのがUV対策。できちゃう前に、「塗る・飲む・日傘」などで内外UV対策を。

2. あらゆる摩擦を避け、できるだけ刺激を与えない

摩擦の積み重ねがエイジングサインの原因にも。ナイロンタオルなどの使用は刺激になり肌を傷めるのでNG。洗顔同様、泡を立て優しく手で洗いましょう。

3. 皮膚が薄い首〜デコルテは専用のコスメでケア

皮膚が薄い部位で、ネックレスの摩擦がイボの原因にも。専用のものできちんとケア。
シナクティフ クレームクーエデコルテn[医薬部外品]75g ¥44,000(クレ・ド・ポー ボーテ)
教えてくれたのは……S.T styleクリニック院長 徳田真紀子先生
形成外科専門医として豊富な知識を持ち、幅広いオペをこなし、レーザー治療にも定評。美ST読者やスタッフから信頼を集めているドクター。

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』9月号掲載
撮影/オノデラカズオ(人物)、大槻誠一、河野 望(静物) ヘアメーク/このみ(Lila) モデル/梅本理恵(TEAM美魔女) 取材/関根実凡 編集/長谷川千尋