【元宝塚・朝夏まなとさん】退団してからメイクで「やめたこと」は…

退団後『マイ・フェア・レディ』など数々の名作で活躍する、〝まぁ様〟こと元宙組トップスター・朝夏まなとさん。その姿を見るだけで心拍数が上がる伝説のオラオラパワーは、今も進化した形で健在です。朝夏さんの美の秘密を宝塚仕込みの〝素化粧〟から紐解きます。

ファンデーションで素肌感を消さず、印象深い目元は引き算メークで

教えてくれたのは……朝夏まなとさん
「男役の時と大きく変わったのは眉。当時は凛々しく強く見える描き方にこだわっていました。目の印象が強いので、普段はラインを引かずにマスカラだけにし、あえて目元を強調しないメークに。一日に何度も化粧をし直していた宝塚と違って、今は朝のメークのままなので逆に日中肌が乾くようになったんです。プレ美容液を使ったり、保湿には気を遣うようになりましたね」

シャツ¥22,000(Nicolas Jenson/Renown)ネックレス¥18,700(Rieuk)
《Profile》
佐賀県出身。中学生のとき宝塚の全国ツアーを観劇して受験を決意。2002年に88期生として入団し、花組に配属後めきめきと頭角を現し、宙組に組替えとなり2015年トップに。数々の話題作に主演し2017年『神々の土地/クラシカルビジュー』で惜しまれつつ退団。退団後も『マイ・フェア・レディ』など数々の名作に出演し、2020年に菊田一夫演劇賞受賞。舞台の他、映画の吹き替えなど多様な分野で活躍中。
▶︎素化粧って何?
舞台化粧に対してオフの化粧を指す宝塚用語で、いわば究極のナチュラルメーク。宝塚音楽学校の「すみれ募金」から始まり、本科生からは稽古場に行く際も素化粧が必須、セルフメークのテクを学んでいく。

朝夏まなとさんの素化粧の愛用品は?

左から、トランスルーセント ルース セッティング パウダー トーンアップ ローズ 29g¥5,280、フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション OC1 SPF50/PA++++ 15g ¥6,600(ともにローラ メルシエ ジャパン)、ヴォワールコレクチュール n SPF25/PA++ 40g¥7,150(クレ・ド・ポー ボーテ)、リポソーム アドバンスト リペアセラム 50ml¥12,100(コスメデコルテ)

下地にこだわり、素肌感を追求しています

「退団して下地をきちんと塗るようになりました。メークがヨレないよう目の際は特に丁寧につけます」
「そのぶんファンデは極薄に仕上げます。素肌感を消さない絶妙なカバー力のクッションファンデを愛用中」

マシンピラティスで運動量をキープ

退団後は極端に汗をかかなくなって確実に代謝が落ちました。でもコンスタントに運動を続けるのが苦手で。たまたまインスタで見つけたマシンピラティスはインナーマッスルを鍛えてくれるので最近のお気に入りです。

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』12月号掲載
撮影/寺田茉布(LOVABLE)〈人物〉 ヘア・メーク/根津しずえ スタイリスト/飯嶋久美子 取材/稲益智恵子 取材協力/味澤彩子 編集/石原晶子
PICK UP
注目記事