たるみレス・年齢不詳!元祖美魔女・水谷雅子さん52歳、奇跡の美肌の5つの秘訣

50代とは思えない美しい美肌の持ち主の水谷雅子さん。たるみケアと目元ケアは毎日の習慣という水谷さんが美肌のためにしている5つのスキンケアを教えてもらいました。

水谷雅子さん52歳・すっぴん肌なのに、 こんなにハリツヤ・透明感!

教えてくれたのは……モデル・美容家 水谷雅子さん
28歳と26歳の母とは思えない奇跡的な美貌で、美ST読者を虜に。40歳の頃と全く変わらない完璧な美肌の秘密は、毎日のたるみ&目元ケア。撮影当日もファンデなしのすっぴん。

1:顔のむくみも取れてすっきりする【カッサマッサージ】

水谷さんオリジナルのmasakoビューティーオイルを顔全体に塗ってから、カッサでフェイスラインと目元を1分マッサージ。10年継続している甲斐あって、くすみ・むくみレス。

2:朝晩、【1シートマスク】が毎日の習慣に!

カッサ後のオイルの上からシートマスクをすることで保湿力倍増。朝晩欠かさず使うので、気軽に使えるプチプラマスクがお気に入り。いつもドラッグストア巡りをして調達。

3:【ドクターズコスメ】に頼って、肌老化を緩やかに!

たるみ用のコスメは、エンビロンのアヴァンス DFP312セラムとC-クエンスセラム 4プラス。どちらもハリと弾力を与えてくれる美容液。しっかりと丁寧に馴染ませています。

4:保湿効果の高い【高級クリームで蓋】をします

こっくりとして濃厚なテクスチャー。潤い力に優れ、ハリとツヤを与えてくれる頼もしいクリームで総仕上げ。センサイ UTM ザ クリームs 30㎖¥58,500(カネボウ化粧品)

5:夜は【アイシートパック】を貼って就寝

毎晩目元シートパックを貼ってから寝るのがお約束。ビオレ TEGOTAE.とRAViS 目もとパックシートを愛用中。ひと晩中集中的に潤いを届けてくれるので、翌朝ふっくら肌に。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』4月号掲載
撮影/河野 望〈静物〉、城 健太〈人物〉(vale.) ヘア・メーク/伊藤佳奈(Bliss) スタイリスト/菊地ゆか 取材/平井ゆみ 編集/長谷川千尋