【第11回国民的美魔女コンテストファイナリスト】眉で人生すら変わる!青木美樹さんの自信が持てる美容法

2020年第11回国民的美魔女コンテストファイナリストの青木美樹さん。愛知県と岐阜県内に美容サロンを2店舗経営するワーキングマザーです。マスク生活で上半顔の印象がとくに重要な今、印象を変える眉を提案しています。

「眉」には魅力的な表情を引き出せる力がある!

アイブロウ美魔女 青木美樹さん・42歳
美容学生時代から、眉には口紅やチークよりも表情を変える力があると実感していました。離婚を機に開業した美容サロンが今年で10周年を迎え、人生のターニングポイントだと感じて美魔女コンテストに応募。仕事では何度も壁にぶつかりましたが、信頼できるスタッフに恵まれ今は軌道に乗っています。年齢を重ねても意識次第で輝き続けられるはず。こだわり続けてきたアイブロウの魅力を伝えていきたいです。
《Profile》
愛知・岐阜県内に美容サロンを2店舗開業。自社の化粧品のプロデュース&販売も手がけている。中学1年の男の子を育てるシングルマザーで、趣味はゴルフ、ストレス発散は大好きな温泉でリラックスすること。

メーク:トラブル眉もプロの技でバランスの良い美眉に

オリジナルのアイブロウコスメを使用した施術は魅力を最大限に引き出します。❶骨格に合わせて眉頭、眉山、眉尻を左右バランスよく描く。❷下描きした眉まわりにワックスを塗布し、乾いたら剥がしうぶ毛を抜きます。❸毛の長さをハサミで丁寧にカット。長さを揃えて眉の濃さを均一に。❹眉ペンシル、眉ブロウで整え完成です。
施術では眉毛に一瞬で美しいカラーリングが可能なオリジナルの眉ブロウ シャルマン(左上)、zaoの眉ブロウ(左下)、エレガンスの眉ペンシル(右)を愛用。

ボディケア:立ちっぱなしのむくんだ脚ケアはマッサージが効果的

週1のジムを欠かさず、補整下着を毎日着用しています。リンパマッサージは毎晩お風呂上がりに。左:キキのボディオイル、右:バイブルグロスファクターのハーブエッセンス美容液。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』4月号掲載
撮影/中林香、西あかり、山口陽平 ヘア・メーク/大山美智 取材・文/金子美智子、八尾美奈子、渡辺美香 編集/鈴木ヒナタ