梅雨どきの清涼感とメーク直しに欠かせない! サラサラ&薄膜【フェイスパウダー】3選

ベタッと厚塗りに見えがちで、湿気によるヨレや崩れも気になる梅雨どきのベースメーク。意外と役に立つのがフェイスパウダーです。サラッと清涼感のある仕上がりになるし、進化したフェイスパウダーなら血色感や透明感までアップ。ヘア・メークの千吉良恵子さんに優秀フェイスパウダーを3つ教えてもらいました。

繊細な粒子と質感でキメを整える!今欲しい【フェイスパウダー】はこの3つから選んで

最新コスメの中でも進化が著しいパウダー。微細で粉感がないのは当たり前。ツヤや血色、透明感まで実現し理想肌を叶えます。
左から、
【ツヤUP】
丹念に磨き上げられたような生きたツヤを表現。エスト ロングラスティング ルースパウダー ルーセント 15g ¥5,280(花王)
【透明感UP】
テカリを抑えながら厚塗り感のない肌へ。ラベンダー色が肌色補整にも。ディオールスキン フォーエヴァー クッション パウダー ラベンダー¥7,700(パルファン・クリスチャン・ディオール)
【血色UP】
4色の光をブレンド。単色では成しえないオーラを纏って。プリズム・リーブルNo.2 ¥7,480(パルファム ジバンシイ)
教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 千吉良恵子さん
上品で知性溢れる正統派メークが人気の大御所ながら、トレンドや大人女性のリアルも熟知。朗らかな人柄が滲み出る柔らかいメークに女優やモデルの指名も多数。

美ST読者に聞きました!アフターコロナでベースメークはどう変わった?

「外出が減り家事や育児の時間が増えました。肌負担を最小限にしたいから日焼け止め+ルースパウダーのみと、ミニマムなメークに」(元井里奈さん 38歳・毛髪診断士/サプリメント開発)

「もともとファンデは塗らず日焼け止めのみなので変化はナシ。ただマスクで乾燥がひどいのでスキンケアをしっかりしています」(伊藤 潤さん 41歳・タイ料理研究家・看護師)

「コンシーラーは上半顔のみに。マスクでもメークがなるべく落ちないように、メークフィックスのスプレーを使うようになりました」(嶋田麻衣さん 45歳・主婦)

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』6月号掲載
撮影/五十嵐 洋〈静物〉 取材/大山真理子 編集/小澤博子
PICK UP
注目記事