実験結果付き! 【ブルーライト】も【大気汚染】もしっかりカットしてくれる日焼け止め4選

今や、ブルーライト&大気中の微粒子カットは高機能UVの標準装備。日焼け止めが肌ストレスの原因をまるっとカットできるから、家中のパソコン・スマホも、外出時の大気汚染からも24時間守ってくれます。実験結果からその機能性の高さが分かりました。

ブルーライト&大気汚染カット+日焼け止め

左から:ゲラン、ディオール、クラランス、SKIO

ゲラン/アベイユ ロイヤル UV スキン ディフェンス

蜂由来成分の強力な治癒力に着目。紫外線、ブルーライト、近赤外線など、あらゆる光から肌内部のコラーゲンを保護。つけた瞬間にハリのあるツヤ肌になります。SPF50・PA++++ 30ml ¥9,900(ゲラン)

ディオール/スノー UVシールド トーンアップ 50+

羽根のように軽いつけ心地で、紫外線A・B波はもちろん、ブルーライトや赤外線まで広範囲の光の波長から肌を保護。さらに、エー デルワイスエキスが肌の酸化ストレスもケア。SPF50+・PA+++ 30ml ¥6,930 (パルファン・クリスチャン・ディオール)

クラランス/UVプラス 5P モイスチャライジング マルチ デイ スクリーン

熱帯地方の強い日差しにも負けないオーガニックマンゴーリーフエキスが、紫外線はもちろん、大気汚染・ブルーライト・花粉など肌にダメージを与える5つのストレスから防御してくれます。SPF50・PA+++ 30ml ¥6,050(クラランス)

SKIO/VCトーンアップ UVエッセンス

紫外線やブルーライトを緑の光に変えて肌の赤みを抑えるなど、光の力をポジティブに使って自然なトーンアップを。PM2.5や花粉などが付着しにくく、洗い流しやすい。SPF50+・PA++++ 30g ¥3,300(ロート製薬)

【機能性を実験】

①ブルーライト:ガラスにUVコスメを塗り透過した光を測定

実験方法:高輝度青色LEDライト&紫外線強度計を使用。ガラス板の15cm×20cm枠にUVコスメ3gを均一に伸ばして検証。未塗布のブルーライト値(1455)と比較しました。

【ゲラン】光ダメージも低減

ブルーライトをカットするだけでなく、プランクトン由来成分が酸化ダメージを抑え、ミトコンドリアのストレスを軽減。

【ディオール】ブルーライトカットNo.1!

最高の保護力!自然由来のエーデルワイスエキスがブルーライトにより誘発された酸化ストレスから肌を守ります。

【クラランス】抗酸化物質の生成も促進

ブルーライトダメージをしっかり防御。オーガニックマンゴーリーフから抽出されたエキスが肌の抗酸化システムを強化してくれます。

【SKIO】肌表面でしっかりカット!

60以下をしっかりキープ。UVケア成分は肌表面にとどまりしっかり防御、ビタミンC誘導体などの美容成分は肌の奥へ。

②大気汚染:塗布後の肌に片栗粉を振り付着を検証

UVコスメを手の甲に伸ばして1分間馴染ませた後、花粉の大きさと同等の片栗粉をまぶし、風を当てて落とします。何も塗っていないと白く粉がたっぷり付着。

【ゲラン】カット効果はもちろん仕上がりの美しさも優等生

なめらかなテクスチャーでつけた瞬間、肌に密着。粉がつきやすいかと思えばその逆で、驚くほど粉残りがありませんでした。

【ディオール】薄く綺麗に肌にのる

まるでフェイスパウダーをブラシでのせたかのように、なめらかに薄く均一に粉が残りました。素肌のように肌にたまる感じなし。

【クラランス】するっと落ちて粉残りほぼゼロ!

綺麗に粉が落ち、見た目はほぼついていない状態に。UV塗布後の肌はしっとりしているのに、さらりと粉だけ落ちました。

【SKIO】両方ハイレベルでコストパフォーマンス◎

全体的にうっすら粉が残りましたが、素肌の粉の量とは格段の違いでした。長時間保湿×高保湿でこの結果はコスパの高さを実証。

こちらの記事もおすすめ!



2021年『美ST』7月号掲載
撮影/高橋一輝(近藤スタジオ)<静物>、楠 聖子<実験> 取材/関根実凡 編集/長谷川 智
PICK UP
注目記事