藤岡弘、さんの長男で俳優の真威人さん「父のLINEスタンプ、家族みんなで使っています(笑)」

美ST10月号にも登場した俳優の藤岡真威人(ふじおか・まいと)さん。その端正な顔立ちとスタイルの良さはすでに注目の的ですが、撮影現場でスタッフが心を奪われたのは礼儀正しさと性格のよさ。「一体どんな躾をすると、こんないい子に育つんだろうか…?」とスタッフが感動した好青年のお父様は、なんと俳優の藤岡弘、さん。
今や親子でテレビ出演することも多く、その仲の良さはインタビューでも垣間見られ…俳優として先輩でもある父・藤岡弘、さんのエピソードもたくさん話してくれました。「頼もしい父の背中を見て育ってきた」という真威人さんは現在高校3年生。藤岡ファミリーの絆について、また、俳優として将来の夢についても語ってもらいました!
Profile
藤岡真威人<ふじおか まいと>
2003年12月28日生まれ。2020年にデビューし、テレビや広告などで活躍。その美少年ぶりが話題に。父に俳優の藤岡弘、さんを持つ。

Qまずは自己紹介的に、ご自身で思うチャームポイントと、長所&短所を教えてください

真威人さん:自分で言うのも恥ずかしいですが…(笑)。特徴的だなと思うのは眉毛ですかね。ものすごく太くて、父の遺伝子をそのまま受け継いだというか(笑)。鏡でふと見たときも目立つこの眉毛は、生まれてから何もせずこの形なんです。メイクさんからも「変に剃ったりせず大切にしなさい」と言われます。この先もいじらずにいるつもりです!

短所は…追い込まれて頑張るというか、期限が迫るとスイッチが入るタイプ。例えば、夏休みの宿題は休みの終わりギリギリに片づけます(笑)。でも追い込まれた方が集中力がグッと入って、スピーディに片付けられるんですよね。ただ、勉強でいうと、追い込まれて仕上げると後で「見直せばよかった」と思うことも多いので…そこは直したいです。

Q長所はどうですか? 撮影現場でもテレビ番組を観ても、お父様の影響なのかとても礼儀正しい方だと感じました

真威人さん:礼儀はそうですね、普段の生活の一部ではないですけど…藤岡家では当たり前のように教えられて来ました。なので長所って言えるのかな?と思う部分もありますが、そう言ってくださる方が多いので長所と感じられるようになりました。
父から受けた影響は、ベタですけど「ありがとうございます」という、感謝の気持ちを周囲に必ず伝えること。それは僕の中にも自然に組み込まれていると感じます。
父は僕から見てもすごく謙虚で、人じゃなくても、例えば自然の中にある大きな木を前にしても「ありがとう」って言っちゃうんです(笑)。父がそうやっていろんな物事や人に対して感謝や礼儀を伝えている姿を見て育ったから今こうなっているのかな、と。まさに、背中で語る父だと思います。

Qでは得意なことはなんでしょうか?

真威人さん:プレゼンテーションが得意です。学校のカリキュラムで、ひたすらプレゼンテーションやディスカッションをするのですが、人前に立って、スライドや資料を使って発表することが得意だと感じました。プレゼン時、周囲の人は作った台本を読むことが多いのですが、僕は要点だけを書いて、その場で言葉を考えて話すので、そこは長所かなと感じます。俳優の仕事に活かしたいです。

Q肌がすごくキレイでスタイルも抜群。日々のケアは何をしていますか?

真威人さん:スキンケアは基礎だけ。あとは温泉が大好きです。父の影響もあるんですけど。家族旅行でも温泉に寄ったり…旅先を温泉で選んだりすることもありますね。そのくらい好きです。なので、家にいる時でもシャワーで済ますのではなく、湯船につかることを意識しています。湯船では、頭の先から足の先まで、自己流で体や関節をほぐしたり、リンパを流します。父がやっているのを見て、僕もお風呂に入ったらやるようになりました。お風呂は40度ぐらいのお湯で、入浴剤も入れて浸かります。入浴剤はいただきものを試したり、妹が持っているものを勝手に拝借したり(笑)。あとは音楽も流しますね。リラックスしながら30〜40分は入っています。湯船での体のケアはほぼ毎日するので、必然的に長くなります。

Qお気に入りの温泉地はありますか?

真威人さん:う~ん、愛媛の道後温泉が一番好きですね! 父の出身が愛媛で、プライベートで愛媛へ行って温泉に入ることが多くて。肌がツルツルになるし、疲れが取れる湯加減で大好きです。父の出身地の温泉だから肌に合うのかもしれないですね! 温泉は代謝もよくなって汗もかくので、いい影響があるんだろうなと思います。

Qモーニングルーティンを教えてください。

真威人さん:朝ごはんに納豆を絶対食べます! 単純に大好きということと、体にいいというのがマッチして。朝、歯磨きと洗顔が終わった後にスキンケアをして、まず水を一杯飲んでから朝ごはん。納豆とお味噌汁、少しのご飯、って感じです。あとは日によってフルーツがあります。藤岡家はみんな納豆が大好きなんですよ。家族6人みんな食べるから、スーパーで大量に買うのに減りも早いです(笑)。他に好きな食べ物は、いわゆる健康だねと言われるもの。バナナや梅干し、キムチも好きですね!

Qスキンケアは何をしますか?

真威人さん:洗顔後にスプレータイプの化粧水をつけます。最近スプレータイプの化粧水がお気に入りで。朝には楽だし、時短にもなります。妹がスプレー化粧水を使っていたのを見て、僕も使い始めました。化粧水のあとは乳液→クリームをちょっとずつつけて完了。あ、外に出るとき日焼け止めは塗ります。日焼け止めは好きではないので、外出の時限定です。

Qお父様の一番好きなところを上げるとしたら?

真威人さん:難しい…! 日々生活をする中で「好きだな」って感じることがたくさんあるのですごく悩みますね。う~ん、そうですね、問題や悩みがあった時、父はどんなことでも最後は納得するような答えを返して解決してくれるんです。だから何かあったら父に相談しようって思います。悩んだとき、解決の糸口は自分で見つけようとしますが、そこで切羽詰まった時、僕には父がいるって感じですかね。

本当に、父は僕が生きていくうえで必要不可欠な存在。なんて表現すればいいかわからないんですけど、本当に頼り甲斐があるというか…父がいるだけで安心感が半端ないんです。「一家に一人、藤岡弘、」です(笑)。どんな問題も解決してくれますよ!(笑)

Q直してほしいところは?

特にないですね。あ、いつも伝えることがありすぎて話が長くなりがちかも。だから「もういい」って思うことはたまにあります(笑)。たくさんのことを教えてくれるのはありがたいんですけど(笑)。

Q今後、恋愛でもし悩むことがあったらお父様にも相談しますか?

真威人さん:まだ恋の相談をしたことはないですけど、父は恋多き人だったみたいで恋愛相談にも乗ってくれると思います。父の昔のモテエピソードが面白くて、姉や妹とよく聞いています(笑)。エピソードもポンポン出るので、すごいモテたんだろうなって。
【未公開カット】美ST10月号で息子役で登場 (撮影・渡辺謙太郎)
【未公開カット】美ST10月号で息子役で登場 (撮影・渡辺謙太郎)

Qお父様が有名な分、プレッシャーを感じることはありますか?

真威人さん:あります。特に僕が俳優としてデビューさせていただいてからは、やっぱり「藤岡弘、の子供」ということで、たくさん反響がありました。声をかけて頂いたり、自分でも目にしたり。それはもちろんプレッシャーではあるんですけど、僕はプレッシャーを感じている、というよりも、そういう声や期待に応えたいという気持ちがあります。期待をしてくださる人たちをがっかりさせたくないですから。プレッシャーが重いというよりも「期待に応えるために、これからどうしたらいいのか」をポジティブに考えています。

Qそういったプレッシャーに対してもお父様からアドバイスをもらったことはありますか?

真威人さん:たくさんあります! プレッシャーに限らず、どんな仕事についても「こういう仕事をするんだけど、気をつけたらいいことはある?」と父にアドバイスをもらいますね。仕事中の父はスイッチの切り替わりがすごいんですよ。父の仕事現場を見学させてもらうことがあるんですが、特に演技のお仕事の時、本番になると、いつも家で見る父とは別人になります。オーラ強くなってすごい気迫なのでピーンと緊張感が張り詰めるんです。そのスイッチの切り替えがすごいなと毎回思うんですよね。

Qお姉さんや妹さんも女優やタレントのお仕事をされていますが、仕事の話はしますか?

仕事の話はします。家族でお仕事をさせていただくこともよくあるのですが、そういう仕事の帰り道は、自然と会話の内容がその日の反省会になりますね。お互いに気になったこととか「あれよかったね」とか。褒め1:ダメ出し9ぐらいの割合ですけど。身内だから言えるアドバイスもあると思うので。姉や妹とは友達との会話に近い感じで仕事の話をできるのもいいですね。

Qお父様のLINEのスタンプがありますが、ご家族で使ったりしますか?

真威人さん:全員持っています!(笑) 父はあまりLINEをしませんが、ある日家にいるときに自分のスタンプを使って「パパだよ」っていきなり送ってきたんです(笑)。同じ家の中にいるのに、わざわざLINEで送ってきたのが可愛くてみんなで笑いました。父のスタンプの中で僕が好きなのは“喝!”ですかね。フラフープしているのも現実ではないシチュエーションで好き。ちなみに、友達には使いにくいので家族間でしか使わないです(笑)。

Q最後に、今後の活動の目標を教えてください

真威人さん:今はテレビのお仕事やモデルなど、いろいろなことをやらせていただいていますが、いつか映画で主演になりたいです。大きなスクリーンで自分が表現者として出られたら、というのが昔からの憧れであり、夢。映画は特にアクション映画が好きです。アクション映画はなんでも好きですが、最近の作品だと『ブラック・ウィドウ』が面白かったです。最後のシーンのスカーレット・ヨハンソンさんが、すごいカッコよくて印象に残っています。あとは、スキンヘッドのアクション俳優さんが出ているような作品も好きです。特にジェイソン・ステイサムさん。僕がアクション映画に出演できるなら、アクションシーンも自分でやってみたいです!」
シャツ¥26,400[SONIC YOUTH×HYSTERIC GLAMOUR]Tシャツ¥10,780パンツ¥20,680ローカットスニーカー¥24,200 (すべてヒステリックグラマー)
取材/川端宏美 スタイリスト/大塩リエ 編集/千田真弓