美容誌スタッフが厳選! 老けないために【35歳〜45歳にやっておくべきこと】リスト

あの時にこのケアをしておけば!後悔先に立たずの美容の世界。若気の至り、では手遅れに・・。美STが誇る美賢者ライターが膨大な知識と数多くの読者取材で得た情報から導き出す35歳~45歳の「老けないためにやっておくこと年表」は必読です。

老けないためにやっておくこと、ライター歴10年以上の私たちがお答えします!

【35歳にやるべきこと7条】シワ・シミの面悩み

365日日焼け対策は基本

シミはレーザー治療できますが、同じ箇所に再生することも多いので、とにかく日々の紫外線ケアは大事。(奥原・中井川・中田・平井)日傘·サンバイザー・手袋は必須。美白美容液は365日!(平井)

シワ改善美容液を惜しみなく塗る

4年前から続々発売されているシワ改善のための美容液。表面ジワが気になり始める前から使い始めて。(吉田)シワ改善美容液はシワの部分だけでなく全顔に塗ること。ケチケチ使わず適量を惜しみなく。洗顔後、直接肌に塗るガッテン塗りを!(佐藤)そろそろ高級美容液やクリームを使い始める年代、最新のものを使うことをおすすめします。(中井川)首も顔の一部、首までしっかりと塗り込んで。(奥原・平井)

アイクリームもきちんと使う

目元は皮膚が薄くシワができやすい、小ジワのケア・保湿を怠らないで。(佐藤・中田)クリームが重い人は、ジェルなど軽いタイプでも。(奥原)

老眼前にレーシック

メガネの鼻当てが当たるところはシミになりやすい。ドライアイなど目の加齢現象が深刻化する前に、早めの矯正がおすすめ。(中井川)

レチノール貯金すべし!

肌の代謝を活性化させる救世主。シワ・シミ・ハリのためにレチノールをまめに塗る。(中田)紫外線や活性酸素の影響で失われやすいもの、コツコツ美容で肌に「レチノール貯金」しましょう。(奥原)レベルを徐々に上げるステップアップ方式がおすすめ。(吉田)

クレンジングにはお金をかける

化粧は必ず落として寝る。(中田)洗顔やクレンジングなど落とすものにもお金をかけて。朝の洗顔料で酸化脂を落とすこと! ケチケチ使わず適量を守って。(佐藤)

コラーゲン・亜鉛ヘム鉄・ヘリオホワイトのサプリは飲んでおいて損はない

肌の弾力やハリのために、日々コラーゲンの摂取を意識しましょう。(中井川・中田・平井)コラーゲンの糖化は肌の弾力やハリを低下させます。お砂糖の摂りすぎは要注意。(中田)美肌や美髪を保つには、吸収率が高いヘム鉄や、亜鉛の摂取を。タンパク質の代謝を促進する作用があり、肌荒れなどのトラブルを防いでくれます。(奥原)日焼けの炎症やメラニン生成を抑制してくれる飲む日焼け止め、ヘリオホワイトで徹底UVケア。(中田)ヘリオホワイト 24粒 ¥2,592(ロート製薬)

【40歳にやるべきこと7条】たるみ・髪の毛の3D悩み

顔ヨガ・早口言葉でたるみケア

アナウンサー、ナレーターなど日頃から、口元を動かす方はたるみが少ないように思う。(中井川・中田)顔ヨガや早口言葉などで、顔の筋肉を適度に刺激させるのは良いのではないでしょうか。(奥原・中井川・中田)

頭皮ケアを始めて!

頭皮のたるみが顔のたるみに直結します。ブラッシング方法やブラシの質にもこだわってみて。スカルプブラシやシリコンブラシがおすすめ。(佐藤)スカルプローションもさっぱりタイプより、乾燥を防ぐタイプのものを選んで。(中井川・平井)お風呂の中でもヘッドマッサージを。血行を促進させ頭皮を柔らかくすることが大切。(中井川)定期的なスペシャルケア、ヘッドスパなども取り入れてみて。(佐藤・中井川・中田)

ボトックス・ハイフで顔を引き上げ

年に1~2回程度は肌に刺激を与える。気になった時に放っておかず、とにかく早めにケア。(奥原・佐藤)たるみなど立体的な悩みには定期的に肌に熱を入れること。(吉田)

マウスピースで歪みを予防

食事時の左右の噛みグセ、睡眠時の歯ぎしりは顔の歪みにつながると同時に、顔のたるみへと直結します。夜寝るときは、マウスピースをつけてみて。(中井川)

表皮に効くビオチンを飲んで

人間の体内では作り出せないビタミンHのこと。皮膚や粘膜、髪、爪の健康のために。(奥原) 

美顔器は最新のものを

くすみ・たるみ・血行の悪さが40代から急激に出始めるので、最新のエビデンスを取り入れた美顔器を、とにかく何かしら使って。(奥原・佐藤・中田・吉田)使いやすさ、気持ちよさなど無理なく続けられそうなものを。(佐藤)左から、レーザーがお肌のキメを整える。トリア・スキン エイジングケアレーザー ¥55,810(トリア・ビューティ)、RF波でたるみとお肌のトーンアップ。NEWAリフトプラス ¥75,680(ビューテリジェンス)

【43歳にやるべきこと2条】更年期に向けて

エクオールを飲む

更年期はホルモンバランスの関係で体調不良とたるみも加速。ゆらぎ期の女性を支えるサプリを摂取して。(中井川)大豆イソフラボン由来のエクオールは更年期の女性の頼もしい味方。EQUELLE エクエル ¥4,320(大塚製薬)

まつ毛美容液を塗る

女性ホルモンの減少の影響で、まつ毛が細くなったり、抜けてまばらになることも! まつ育ケアをしっかりと心がけて。(佐藤)

【45歳にやるべきこと5条】更年期

シャワーヘッドを替える

ファインバブルで毛穴の汚れをオフする効果を実感。頭皮毛穴がキレイじゃないと育毛剤も浸透しません。(佐藤)2種類のバブルで毛穴をきれいに。ReFa FINE BUBBLES S ¥30,000(MTG)

筋膜リリース

加齢とともに硬くこわばりがちな筋肉。全身つながっている筋膜を癒着からリリースして、筋力の柔軟性をアップさせコリも解消。(奥原)

糸でたるみを引き上げる

たるんでしまったお肌にガツンと効きます。顔に糸を挿入してコラーゲン再生。たるみを引き上げ、シワも目立たなくさせます。(佐藤)

プラセンタの注射を打ち始めて

ホルモンバランスを整えるだけでなく、シワや美白などのエイジングケアや免疫力もアップ。こまめにケアすることをおすすめします。(奥原)

女性ホルモン値を測りにいく

自分の卵巣機能の状態と更年期や閉経の可能性がわかります。状態により適切なケアやアドバイスをしてもらいましょう。(中田)

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』10月号掲載
撮影/杉本大希(人物)、大槻誠一(人物、静物) 取材/今福英美 編集/伊達敦子
PICK UP
注目記事