PEOPLE

【シャンプー・スキンケア・パジャマ】毎日使うもので始めるSDGsって?

環境に配慮したSDGsを生活に取り入れる人が増えています。モデルの仁香さんもその1人。地球にも自分にも優しいのに綺麗を育み、家族でも取り入れやすいエコ活動を実践する仁香さんの午後のルーティンに密着しました。

15:00 撮影にはマイボトルを持参。誰でもできる脱プラスチックへの取り組みです

仕事や外出などの際にはペットボトルは買わず、お気に入りのマイボトルを持ち歩き。サステナブルな社会へ簡単に取り組むことができます。

22:00 ボトルレスなシャンプーバーならゴミも出さず今っぽい

プラスチック不使用で、紙パッケージもリサイクルやコンポスト可能なら、罪悪感なしの楽しいシャンプータイムになりそう。身近なことから見直すって大事。

左から、エティーク コンデイショナーバー ザ ガーディアン ¥2,310、エティーク シャンプーバー ミンタジー、セントクレメンツ 各 ¥2,178(すべてピー・エス・インターナショナル)シャンプー バー N ¥2,640(クラランス)

23:30 おやすみ前にはオーガニックコットンのパジャマでハーブティーを

化学肥料や農薬を使わないオーガニックコットンのパジャマは肌触りも◎。ハーブティーのティーバッグも生分解性やコーンスターチなど安心な素材のもの。シャツ¥19,800、パンツ¥17,600(ともにスキンウェア/スキンウェア東京ミッドタウン日比谷)

左から、ブランド生誕からサステナブルなものづくり。オーガニックコットンパジャマ ¥24,200(プリスティン/プリスティン本店)、世界で最も厳しい基準のドイツのオーガニック認証GOTSを国内で初認可。オーガニックコットンパジャマ ¥19,800(テネリータ/インコントロ)

左から、ハーブティー おやすみブレンド ティーバッグ30個入り¥4,430(マリエンジャパン)、オーガニックブレンドハーブティ グッドスリープ 12包入り ¥1,674(ニールズヤード レメディーズ)

中学生の息子もSDGsへの関心が高く、家族でもサステナブルについて話したり、取り入れたりしています。日常の中でできることを、愛犬のトロくんのことも考えながら、おしゃれに楽しく取り組みたいです。

こちらの記事もおすすめ!

2022年『美ST』9月号掲載
撮影/小林愛香 スタイリスト/Toriyama悦代(One8tokyo) ヘア・メーク/甲斐美穂(ROI) 取材/古川延江 編集/小澤博子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

【シャンプー・スキンケア・パジャマ】毎日使うもので始めるSDGsって?

2024年7月号

2024年5月16日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT