PEOPLE

【アンミカさん】【江口のりこさん】【佐藤栞里さん】【上白石萌音さん】同性から支持される女優の特徴は?

同性からも愛される女性ってどんな人?アンミカさん・江口のりこさん・上白石萌音さん・佐藤栞里さんの好感度の高い女性タレント4名から、美容ジャーナリストの斉藤 薫さんが紐解きます。

【アンミカさん】見た目を裏切る話の面白さ!誰も傷つけない配慮も好感度大

今は「いいね」をもらえる種目を自ら選ぶ時代。充分に美しいのに、あえて美貌で勝負することをやめる人もたくさんいる。例えば、アンミカさんのように巧妙かつポジティブ、そして思いやりもあるおしゃべりが受けに受け、モデル時代以上にキャラでいいねを集めるような人が。逆に、女芸人にも平然と美しい人が現れた。かといって美人を売りにはしない。〝キレイ止まり〟ではないことが喝采を受ける時代なのだ。

\ここが「いいね!」ポイント/
☑︎ 華やかな見た目から想像できない関西弁でのトーク力
☑︎ 幼い頃の貧乏話などを面白エピソードに変換できるポジティブさ
☑︎ 日本化粧品検定1級を取るなど、努力している姿が垣間見える勉強家

《Profile》
’93年にパリコレ初参加後、モデル業以外でも、テレビ、ラジオ、ドラマや映画、時には歌手として、様々な表現分野で活躍。野菜ソムリエ、漢方養生指導士中級、化粧品検定一級、など20の資格を活かし、洋服やコスメ、ジュエリーなど商品プロデュースを展開。自身初のプロデュース和漢茶「キレイ創巡茶」好評発売中!

【江口のりこさん】愛想笑いなんてしなさそうその無骨さが逆に好印象

今女優として、飛ぶ鳥を落とす勢いなのは江口のりこさん。強烈な役も誇張なしに外連味なくこなせる感性の鋭さと演技力が、「こういう人っているよね」という社会的共感も含めて、人々を魅了しているのは確かだが、この人はもう一つ、〝菩薩のような面立ち〟が理屈抜きに人を癒している。この人が表情を緩めると一瞬の安らぎを覚えるはずなのだ。

\ここが「いいね!」ポイント/
☑︎ 若い頃から劇団で培った女優としての確かな実力
☑︎ 媚びることなく正直にしか生きられなさそうな実直さ
☑︎ 芸歴は長いのにアラフォーで注目を集め始めた遅咲き感

《Profile》
2002年三池崇史監督『桃源郷の人々』で映画デビュー。その後、ドラマ『時効警察』シリーズにレギュラー出演し個性を発揮。ベテランから新鋭監督まで多くの監督の作品に出演し活動の場を広げている。2021年は中⽥秀夫監督『事故物件 恐い間取り』にて第44回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞を受賞。そしてフジテレビ系ドラマ『SUPER RICH』で主演をつとめるなど、まさに大ブレイクを果たした一年。今年も大河ドラマ『鎌倉殿の13人』や映画公開などが続々と控えている。

【佐藤栞里さん】いつでも笑顔で天使のよう!一緒にいたら幸せになれそう

ちょっとイメージしてみてほしい。あなたなら、どんな種目にエントリーするのだろう。どんなことならいいねをもらえるのかと。例えば佐藤栞里さんは、いつ見ても笑顔、いつ見ても嬉しそう。それが周囲をも幸せにしてしまう奇跡が異例のいいねを受けている。つまり笑顔も1つの種目!でも、ただの笑顔ではない。もちろん好感度を得るための意図的な笑顔でもない。人を包み込むように癒しをもたらす慈愛の笑顔。何だか心が浄化されるような〝人間クリーンビューティー〟とも言える作用がそこに生まれているのだ。

\ここが「いいね!」ポイント/
☑︎ 「性格よさそうな芸能人」と言えば真っ先に名前が上がる好感度の高さ
☑︎ 笑顔しか印象にないくらいのハッピー感
☑︎ その一方、芸能界に友達が少なく「ぼっち」も得意

《Profile》
2001年、『ピチレモン』のオーディションでグランプリを獲得してモデルとしてスタート。その後、数々の雑誌のレギュラーモデルを務めている。その傍ら2014年、日本テレビ系で放映のバラエティ番組『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』の人気コーナー「朝までハシゴの旅」へ出演したところから人気を得て、2015年10月より同番組の4代目サブMCに。2017年4月より『王様のブランチ』の女性6代目MCを務めている。

【上白石萌音さん】多才なのに謙虚で努力家ひたむきさが魅力のヒロイン

タイプは違うが大ブレイクしている上白石萌音さんや黒木華さんも、豊かで大らかな菩薩顔。存在そのものに宿る懐の深さが人を包み込み、人を許すような印象をもたらすからこその人気。顔立ちと存在感でいつのまにか人を癒している人たちのグループだ。あくまでも人を心地よくしたり、勇気づけたりする美しさでなければもはや意味がない時代なのだ。

\ここが「いいね!」ポイント/
☑︎ 朝ドラのヒロインにふさわしい笑顔で見る人に元気をくれる
☑︎ 演技も歌もトークも素晴らしいのに常に謙虚な姿勢
☑︎ こんな娘がいたらいいなと思わせる素朴な可愛さ

《Profile》
2011年、第7回「東宝シンデレラ」オーディション審査員特別賞受賞。デビュー以降、ドラマ・映画・舞台での女優業のみならず、歌手としても活躍。ナレーションやMCまでこなすマルチな才能を発揮。2020年放送のドラマ『恋はつづくよどこまでも』でゴールデン・プライム帯連続ドラマ初主演。第45回エランドール賞 新人賞を受賞するなど大ブレイク。2021年下半期の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK)では朝ドラ初出演にして主演を務めた。

こちらの記事もおすすめ

2022年『美ST』3月号掲載
取材/安西繁美、柏崎恵理 編集/伊達敦子、佐久間朋子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

【アンミカさん】【江口のりこさん】【佐藤栞里さん】【上白石萌音さん】同性から支持される女優の特徴は?

2024年8月号

2024年6月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT