黒田知永子さん【60歳過ぎても綺麗】を支える愛用品4つ

20代で「JJ」、30代で「VERY」、40代で「STORY」、50代で「éclat」と、その世代を代表する女性として雑誌の表紙を飾り続けてきた黒田知永子さん。昨年還暦を迎えてなお輝きを増す黒田さんの愛用品を教えてもらいました。

年を重ねて、顔のお手入れ、身ぎれいにすること、太らない工夫は、ごく当たり前の努力を超えた習慣です

教えてくれたのは……モデル・黒田知永子さん(60歳)
’61年東京生まれ。学生時代に「JJ」でモデルデビュー。その後「VERY」「STORY」「éclat」の表紙モデルを務め、現在も女性誌やカタログなどで活躍中。stand.fm「黒田知永子のchiko plusチャンネル」、不定期で「チコとハコのボンボニエール」配信中。

黒田さんの美の秘密①:日本上陸以来20年以上愛用し続けています

日本上陸を果たした’99年、六本木のグランド ハイアット 東京で開催されたお披露目イベントに訪れて以来、使い続けているクレーム ドゥ・ラ・メールは美のお守り的存在。

黒田さんの美の秘密②:自宅セルフケアを助けてくれる美顔器2点

デンキバリブラシは、目が重いときに頭や目元に当てるとスッキリ。マドンナスキンのローラーは、首の後ろや耳の下を上から下に流すと肩こりが改善し、顔色も良くなります。

黒田さんの美の秘密③:ショートヘアなのでピアスをアクセントにしています

最近、少し大きめのものや揺れるタイプのピアスを楽しむようになりましたが、長年愛用しているのは一粒ダイヤ。大きさ違いで使い分けていて、大振りのほうはデビアス。

黒田さんの美の秘密④:娘が還暦祝いに奮発して買ってくれた誕生日プレゼント

「ママは絶対黒系しか買わないから、赤っぽいものをあげたかったの」と31歳の娘がエルメスのスカーフをプレゼントしてくれました。ちりばめられた〝プチ幸せ〟のひとつ。

40代のころの黒田さんは?

40代は前半と後半で生活が一変。前半はもっぱら仕事と子育てだったけれど、後半は娘が大学生になって手が離れ、夜に外食をしたり、旅行にも行けるように。それがすごく楽しかったですね。旅行の写真はすべてアルバムにして残しています。

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』6月号掲載
撮影/佐藤航嗣(UM) ヘア・メーク/徳田郁子 スタイリスト/佐伯敦子 取材・文/安田真里 構成/和田紀子
PICK UP
注目記事