還暦でビキニ撮影! 女優・斉藤慶子さん美の秘訣4つ

女子大生のとき、JALのキャンペーンガールとしてデビュー。グラビアを制覇し、週刊誌の表紙を飾っていた当時と肌も体型もまったく変わらず。今年還暦を迎えてビキニでグラビア撮影にもチャレンジしたという斉藤慶子さん。若い頃から変わらない美の秘密を教えてもらいました。

大女優・岸 惠子さんのように無邪気で可愛くて人生が満ち足りている。そんな年の重ね方をしていきたい

教えてくれたのは……女優・斉藤慶子さん 60歳
'61年宮崎県出身。’82年JALの「沖縄・夏」キャンペーンガールでデビュー。’94年映画『東雲楼 女の乱』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞。NHK大河ドラマ「秀吉」、連続テレビ小説「わかば」をはじめ、ドラマや映画などで活躍を続け、番組コメンテーターとしても出演。

斉藤さんの美の秘密①:フルートで腹式呼吸をしているせいか 肺活量は若い頃と変わらず4,000!

学生時代からやりたかったフルートを30代後半から習い始めました。今の先生には15年間教えてもらっていて、発表会にも出ています。2本のマイフルートはなんと14金と18金。

斉藤さんの美の秘密②:サプリを一切飲まない私が唯一飲み続けている高麗人参

「百年の礎」には高麗人参だけに含まれるジンセノサイド(サポニン)が豊富で、飲むと底力が湧いて、元気が出ます。大事な日には2粒飲むようにしています。

斉藤さんの美の秘密③:2つのティファニーは私と娘の宝物

クロスのネックレスは、自分で買ったファーストティファニーで、20歳の記念に娘にプレゼント。ハートのネックレスは、娘が初めて私にくれた誕生日プレゼント。

斉藤さんの美の秘密④:勉強好きが高じて復学。大学院でメディアデザインを学びました

受験勉強にあたって、まずはパソコン教室に通って習得。10年前に早稲田の大学院受験は失敗し、55歳で慶應義塾大学大学院に合格。最年長で合宿にも参加。楽しかったですね。

40代のころの斉藤さんは?

仕事もセーブし、子育て一色の時期でした。なかでも、とにかく大変だった小学校受験。トライしてみたいという純粋な気持ちから、お受験戦争に巻き込まれ、ありがたいことに第一志望に合格。40代最大のイベントでした。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』9月号掲載
撮影/野村誠一 ヘア・メーク/赤間久美江 スタイリスト/池ヶ谷ひろ子 取材・文/安田真里 編集/和田紀子
PICK UP
注目記事