カラダに変化が訪れる前に対策!40代のための【更年期対策】まとめ

美ST世代になるとそろそろ体に新しい変化を迎えます。更年期、閉経、ホットフラッシュ……なかなか相談できない体の悩みに答える記事をまとめました。

●忍び寄る更年期、今できることは?

45歳を過ぎるといわゆる更年期に入るお年頃。ちょっと生理が乱れるだけで「コレって更年期症状!?」と焦った経験もあるのでは?不安だらけの閉経までの道のりだって、心構えと対策次第で怖いものではありません。
45歳を過ぎるといわゆる更年期に入るお年頃。ちょっと生理が乱れるだけで「コレって更年期症状!?」と焦った経験もあるのでは?不安だらけの閉経までの道のりだって、心構えと対策次第で怖いものではありません。
45歳を過ぎるといわゆる更年期に入るお年頃。ちょっと生理が乱れるだけで「コレって更年期症状!?」と焦った経験もあるのでは?不安だらけの閉経までの道のりだって、心構えと対策次第で怖いものではありません。
気付いてますか?45歳は更年期の入口。めまいやほてり、生理の乱れなどふとしたときに症状を感じ始めるのもこのころから。早めの「ホル活」で予防しておけば更年期も怖くない!
まもなくやってくるカラダの変化。でも、実際のところどうなのかいまいちピンとこないし、なんだか怖い! 更年期を迎えた50代の先輩方のリアルな体験談を聞きました。
気になるけれど、なかなか話題にしにくい話が「更年期」のこと。よく聞くウワサは本当?それとも嘘?専門家の先生方に話を聞いてきました。
女性の肌を美しく保ち、血液や骨までも守っている女性ホルモン。確かに美と健康の守護神ですが、セックスや恋愛で増えるというのは間違い。活性がわずかに上がることはあっても、そう簡単に自力で増やすのは不可能なんです。減っていくのは仕方のない事実。ならば今、私たちができることって?
代替医療として病院の治療にも使われるアロマテラピーは、更年期にも効果があります。自分の症状に合ったアロマをお守りのように持てば、それだけで気持ちも楽に。嗅いでみて心地よいと思うもの、それが今あなたが必要としている香りです。
デリケートゾーンをまだボディソープで洗ってる? 保湿もマッサージもしていない? それでは更年期やPMSが心配です。顔を洗うより、手足を潤すより、最初にすべきは膣のケア。それが現代の常識、淑女のエチケットです。
40歳を過ぎると、骨盤底筋が緩み始め、尿失禁や膣(ちつ)のトラブルが。まさに美ST世代の悩みですが、なかなか相談しにくい。今、美容意識高い系の人の間で流行の膣トレボールが有効のよう!ハッピーな膣へ導く秘密兵器です。
閉経の前後から重なり合って起こる「アフター更年期」。女性ホルモンの減少で、見た目は若くても残念ながら体の老化は進んでいます。50代の先輩美魔女さんたちに、どうやってアフター更年期を乗り越えたのかアドバイスをもらいました。
見た目は若くても体の老化は始まっています。大事なのは閉経の前後から重なり合って起こる「アフター更年期」の過ごし方。漢方の知恵を使って、ネガティブになりがちな老化を先手先手でポジティブにしていきましょう。

●爪にも更年期がありました

自分の爪をじっくり観察していますか? 20代の頃はピンク色でツヤツヤだったのに、いつの間にかくすんでツヤもなくなってる! でも、大丈夫。爪ってケアすればちゃんと応えてくれるんです。今日から爪に目を向けてみませんか?

●更年期症状に効く食べ物をチェック!

英語では〝Chickpea(チックピー)〟、スペイン語は、〝Garbanzo(ガルバンゾ)〟と世界の国々で親しまれている、ひよこ豆。日本ではサラダやフムスの流行から、最近よく見かけるようになりました。お豆の中では、控えめな存在ですが、実は、女性の美肌を育む、頼もしいアンチエイジングフードでした。
漢方といえば「敷居が高い」「苦そう」「すぐ効かなそう」という声も聞きますが最近の漢方ブティックはまるでアロマショップのよう。ふらりと入りやすく、親身になって相談に乗ってくれる、更年期にも強い味方です。

●男性にも更年期がありました

女性の専売特許というイメージがある更年期障害。まだ認知度が低いのですが男性にも更年期障害の症状はあり、加齢や疲れが原因と思い込んで放置すると深刻な病気になることも。今までとの違いに家族が気づいてあげましょう。