膣トレボールや美容液って本当にいいの? 【フェムテック】美容誌ライターが試してみました

最近よく耳にするフェムテック。美容感度の高い人は取り入れているけれど、やはり未知の領域なためハウツーがわからないし、聞きづらい……。そんな方のため、同じく膣ケア初心者の美STライター達が「膣ケアグッズ」を一週間お試し。気になる使用感や身体の変化など、赤裸々にお伝えします!

フェムテックって?

フェムテックとは、フェム=女性、テック=テクノロジーという意味で、膣ケアをすることで女性の内なるテクノロジーが活性します。粘液力が高まることで免疫力も向上し、お肌の潤うなど美や健康に繋がります。

美STライターが膣ケアグッズを1週間体験しました!

【1】デリケートゾーン用オイルマッサージ

植物の恵みでしなやかさを保つデリケートゾーン専用オイル。加齢による乾燥や萎縮などのケアに。インティメイト オイル 30ml ¥8,800(Waphyto)
試したのは…
美STライター 細田阿也さん(38歳)
歳を重ね、骨盤底筋が衰えることで、スポーツ時の尿漏れが最近の悩みの種。膣ケアは抵抗はないが、疑問ばかり沸きドキドキしてます!
「アラフォー入り女性ホルモンの減少か、枯れていく感覚があり女性として焦りがありましたが、いざ膣ケアを!と思っても正式な方法が分からず迷宮入りでした。しかし今回、潤すことが大切だと知り、枯れている花に水をあげるような感覚でオイルマッサージにトライしてみました!お風呂上がりに膣周りを優しくマッサージをし、数日後には身体の芯から温まるような体感が。これを機に、膣トレも開始し女性としての自分を高めていきたいなと思います」
「乾燥した肌に潤いを与えるようなコーティング感が◎。初回はこそばゆいくすぐったさがありましたが、習慣化すると爽やかでフルーティにも感じる香りが今日も潤いを!と欲しがるようになりました(笑)」

【2】膣ボール

初心者向けの膣トレボール。3段階の重さ別に分かれていて、医療用と同等のやわらかいシリコン素材を使用。Kegel Balls kit 3 balls (LS02) ¥2,310(LUSCIOUS/RENAXX)
試したのは…
美STライター 岩崎香織さん(47歳)
タンポン未経験で挿入タイプに抵抗がありましたが、くしゃみ時の尿もれや下腹部のたるみも気になっていたので、ドキドキしながらもチャレンジ!
「まずは一番軽いボールの挿入を試みるところから初めて、日を追うごとに徐々に重さを上げていきました。慣れてきたら入れたまま30分家事を行ったり、早足で歩きスクワットをしたり徐々に動くように。
3日目には75gのボール変え、落ちるのではないかという不安から自然と膣に力が入ることで、骨盤底筋が鍛えられていることを実感。このあたりから、心なしかほんの少し体が温かくなる感覚に。4日目に75gを入れたままスクワットを1時間程行うと、下腹部あたりが内側からぽかぽかと温かくなりました。始める前は疑っていましたが、今回始めてみて膣トレの効果に感服しました!」
「心理的抵抗感は相当ありましたが、入れているだけで自然に膣と下腹部が鍛えられ、覚悟していた痛みもありませんでした。1番重い105gは落ちてきてしまいましたが、大きさを自分で見極めながら出来るので◎。ただ挿入時や取り出すときの違和感はあるのでローションは必須アイテム。(今回はアンティームを使用。)中々抵抗はありますがそれに見合う効果があるので、勇気を持って一歩踏み出した人者勝ちです!」

【3】膣美容液

18種類のオーガニック成分配合。ダイレクトに内側から吸収されることでデリケートゾーン本来の機能をサポート。パリリス エッセンスセラム(3本入り) ¥15,235(Palilis/ゆらら)
試したのは…
美STライター 門脇才知亜さん(39歳)
膣ケアとして専用ソープなどは知ってましたが、ニオイケアのイメージでした。悩みは特にないですが、夏場の生理中のムレや匂いは不安になります。
「私はタンポンも使用したことがなく、最初は不慣れなため液漏れをしてしまいましたが、細い形状なのでコツを掴んだら特に痛みもなくスルッと使え、使い方をマスターした後はしっかり吸収できたと思います。私は排卵痛を感じるのですが、使用時期がまさにその時で、いつもはシクシク感じる痛みが、使った翌日は軽減されてたように思います。仕事で深夜まで起きていた際も、ニンニク根のエキスなども入っているおかげか翌日にはスッキリ起きられました」
「3本入りの箱でしたが、1本ずつパッキングされていて衛生面で大変安心できました。透明でサラサラした液体で、スッと肌になじむのが◎。奥に流し込むタイプなので、手が汚れない所と粘膜吸収なため美容点滴よりも手軽に摂取できる点がよかったです!」

▼あわせて読みたい!

撮影/光文社写真室 取材/臼田ななみ 編集/鈴木ヒナタ