60歳からおしゃれデビュー! 92歳美ばあば|近所のスーパーでもおしゃれとメークは万全に

年齢を重ねるほどに美しさは進化します。最初は自分や気になる異性に向けた「見た目」 の美しさかもしれないけれど、それはいつしかまわりの人を笑顔にする内面の豊かさが 溢れる美しさに、さらに時を経ると元気でいるだけで可愛いと感じる美しさに。人生 100年時代、美しきばあばは、私たちが目指すべき美しさの目標なんです。

60歳からのおしゃれデビューで見た目も心も華やかに!「近所のスーパーに行くときもおしゃれとメークは万全」

安田美知さん 92歳
長年新宿区に住んでいて、伊勢丹に日参していました(笑)。主人が亡くなって落ち込んでいた60代の頃、娘からおしゃれをするよう勧められました。さらに、写真集『Advanced Style』を見て衝撃を受けました。60〜100歳のみなさんが明るい色の服を着て背筋ピーンで恰好いい!昨年から葉山に移住してスローライフを楽しんでいますがおしゃれも忘れていませんよ。もとまちユニオン葉山店に毎日お買物に散歩がてら行きますが、ちゃんとメークして服もばっちり決めて出かけます。朝7時起床、和食の朝ごはんを作り、植物の水やり。海まで散歩して陽に当たって免疫力を上げ、週1回はお肉を食べ、夜10時に寝るという規則正しい生活で元気に暮らしています。
《Profile 》
昭和4年生まれ。ファッションが大好きで88歳で美ストに掲載されたことがきっかけでインスタグラムを始める(@terumama88)。帽子蒐集、料理、園芸など多趣味。

日々の出来事をメモしたノートは宝物

日記をつけ始めて二十余年。日記と言ってもメモ程度ですが。でもこれが頭の体操にもなるんです。何十冊と溜まってきました。

1日1杯の〝泡〟が至福のひととき

1日に1杯だけお酒をいただきます。ランチタイムやディナータイムが豊かな気分になります。特に好きなのはやっぱりシャンパンですね!

家族のためにバランスのよい食事を作るのが張り合いに

餃子や唐揚げ、ポテトサラダなどの家庭料理が得意。最近はミラノ風カツレツも作るように。美味しいものは長生きの元!ダイエットばかりしないでしっかり食べましょう。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』10月号掲載
撮影/吉澤健太 ヘア・メーク/正木万美子、川岸ゆかり(Luck.) 取材/秋山真美子、金沢由紀子 編集/長谷川 智
PICK UP
注目記事